2010年02月26日

Windowrie Sakura Shiraz

熟したベリー、コーヒービーンズやバニラの香り。
味わいはリッチなベリーやリコリスのニュアンス。
これに豊かなタンニンが加わったシラーズ。

  DSCF0255.JPG
  
一見、日本のワイン?とも思えるこの桜のラベル、
ニューサウスウェールズ州・カウラ地区と日本との深い関わりを現わしています。
第二次世界大戦中カウラの地で捕虜になっていた多くの日本兵士が命を落としました。
カウラの人々はこの日本兵たちを手厚く葬り、
日本との友好関係を深めるため日本庭園をつくり、
さらには日本人墓地に2000本余りの桜を植えた。
その桜をモチーフにしたのがサクラ・シラーズです。

毎年この時期になるとなぜかとても気になる桜の開花予想。
桜について、
常に移ろう儚さを美しいと感じる心が日本人。
潔く散る様が日本の美学。
とか人はいろいろ言うけれど、
私は、五感すべてに春の訪れを実感させてくれる、それが何より嬉しい。
今年の開花は例年よりも少し早いそう。

「タスマニア産仔羊の炭火焼 マルサラ酒とマスタードのソース」
に合わせてお楽しみください。
posted by embrace at 17:53| Comment(0) | 日記