2010年04月13日

銀の鴨

パリと青森を結ぶもの、さて何でしょう?
それは「銀の鴨」です。

フランスのペイ・ド・ラ・ロワールよりバルバリー種が空輸され、
その鴨こそが数ヶ月後に青森県おいらせ町の農場で
「銀の鴨」となります。

鴨料理で名高い憧れのラ・トゥールダルジャン(銀の塔)と
青森県おいらせ町の樹齢千年以上の巨木、銀杏(鴨脚樹)に因んで
命名されたそうです。

本場フランスに勝るとも劣らない適度な柔らかさと味わい深さが特徴。
炭火でじっくり丁寧に焼いて豪快にお出しします。
目をつむってその贅沢な旨みを噛みしめたとき
フランスセーヌ河畔の水面に思いを馳せるか
奥入瀬渓谷のせせらぎに耳を澄ますかは自由です。

   DSCF0605.JPG

      DSCF0611.JPG


posted by embrace at 23:56| Comment(0) | 日記