2010年09月30日

参りました

   DSCF1584.JPG

由良の海もすっかり秋の色。

今日の鯵はすごいぞ、とお墨付きを持ち帰る。
字のごとくおいしくて参ってしまう魚である。
お刺身が一番だよね、と思う気持ちは胸のうちに
「由良産アジと太刀魚、エビ芋のプレッセ」に。

 DSCF1545.JPG 

どことなく和の香りもする野菜の中に
脂ののったアジがひときわ引き立ちます。
香ばしいエビのソースで。


posted by embrace at 20:49| Comment(0) | 日記

2010年09月28日

lunch再開します

都合により9月の間お休みをしていました週末のランチの営業を
10月2日(土)より再開いたします。

秋立つ中の散歩道、embraceで寄り道してはいかがでしょう。

メニューは、毎週金曜日に本ブログにてご確認いただけます。
ご予約お待ちしています。

  DSCF0566.JPG

posted by embrace at 16:34| Comment(0) | お知らせ

2010年09月27日

ワレモコウ

ここ数日、急に空が高くなり、空の青も雲の白も澄んでみえる。
ついこの前まで口を開けば暑い暑いとうなだれていたのがウソのよう。
逆らうことのできない天候に翻弄されつつも
小さな季節の移り変わりに心動くことがどれだけ幸せなことかと思う彼岸過ぎ。

そんな中、amicaさんから届いたのはワレモコウ。
小さな秋を感じる大好きなお花です。
飾らず可憐で繊細。
でも華やかに主張する花々にも負けない深い紅色の花穂。
「われもこうありたい」という思いをこめて名づけられたとも。
われどうあるべきかを考えるのにはいい季節かも。
秋深まるまでに。

   DSCF1523.JPG

     DSCF1522.JPG


posted by embrace at 13:42| Comment(0) | 日記

2010年09月25日

ミョウバン知らず

やはりウニは不動の人気を誇ります。
embraceのウニは、ミョウバンに浸かっていない「無添加」の生ウニ。
形崩れを防ぐために使用されるミョウバンですが、
蒸したり、火を通したりすると、どうしても渋みが際立ちます。
それに比べミョウバン知らずの生ウニは、
生ウニ本来の自然な甘味とコク、まったりとした濃厚な深い味わい。
獲れたての味わいなのです。

embraceでは、手打ちパスタ、卵黄生地のタリオリーニで

    DSCF1513.JPG

由良産生ウニと太刀魚・焼き葱のタリオリーニ。

  DSCF1530.JPG

由良の磯の香りに
オレンジピールがほのかに香る
オレゴンのシャルドネを合わせて。

     DSCF1538.JPG
posted by embrace at 17:29| Comment(0) | 日記

2010年09月24日

同郷の一皿

淡路といえば玉葱。魚。
そのいいとこどりでできました。
「由良産〆鯖の炙りと焼き玉葱のサラダ仕立て」

   DSCF1527.JPG
posted by embrace at 22:20| Comment(0) | 日記

2010年09月23日

仲秋の名月

昨日は仲秋の名月。
心配した雨も、皆の期待に落つることできずか、
明るく大きなお月さまを見上げることができました。

今も月の満ち欠けや地球引力のパワーの元で
ワインを作る醸造家も多くいるけれど、
その昔、農事に月は必要不可欠で、
十五夜の満月の夜を「芋名月」とも呼び
里芋など芋類の収穫を感謝する日でもあったそう。

embraceでは、かぼちゃのポンデケイジョでお月見気取ってみます。

   DSCF1486.JPG

実りの秋となりますように。

    DSCF1508.JPG
posted by embrace at 14:34| Comment(0) | 日記

2010年09月21日

わかっちゃいるけど

   DSCF1368.JPG

わかっちゃいるけどやめられない。
とはこのこと。
千葉の生落花生の塩茹で。
お供はビールかとお思いきや意外に何のワインにも合うんです。

明日、水曜日は定休日のためお休みです。
明後日、23日(祝)は17:00より営業しております。
お電話お待ちしています。

posted by embrace at 23:12| Comment(0) | 日記

2010年09月20日

しずくとぼんぼり

   DSCF1435.JPG

しま模様の「京しずく」とちょうちん型の「京ぼんぼり」。
京都の農芸高校の生徒たちが育て、名付け、販売しているそうです。
次から次へと新しい品種が出てくる出てくる。

守らなければいけないものもあるけれど
新しく変化しなくてはならないものがある。
どこの世界にも。
どちらも勇気がいるけれど。





posted by embrace at 23:58| Comment(0) | 日記

2010年09月19日

祝日、営業しています。

JR芦屋駅南口から南へ徒歩7分。
宮塚公園が右手に見えたら
ちょっと首を伸ばして左を覗いてみてください。
この看板が目印です。

   DSCF1476.JPG

本日の早い時間帯はご予約のお客様で満席となっております。
明日、20日(祝)も17:00より営業しております。
3連休最終日の夜はembraceでごゆっくり。
ご来店お待ちしています。
posted by embrace at 16:58| Comment(0) | お知らせ

2010年09月18日

もっとオトナのクレームブリュレ

embraceの秋のクレーム・ブリュレ
もっとオトナのブリュレです。
海老の濃厚なエキスと少しの生クリームでできています。
素材の旨みと甘みと塩みとが絶妙に香るは
白アスパラガスのブリュレと同じ。
シャンパンと合わせれば贅沢リッチな幸せです。

   DSCF1385.JPG

      DSCF1480a.JPG

「伊勢海老のクレームブリュレと魚貝のマリネ」

   DSCF1455.JPG


posted by embrace at 22:58| Comment(0) | 日記

2010年09月17日

久しぶりに赤メニュー

赤ワインが飲みたいなぁ、
何ヶ月ぶりにそんなことを思ったことか。

きれいに熟成したルビー色のグラスには深みのある赤色ソースを合わせます。
「熊本直送馬肉のハンバーグ ピオーネと赤ワインのソース」

  DSCF1462.JPG

赤身の力強さはあるものの
馬肉のもつ淡白さがボリュームを感じさせず
やさしくするりと入ってしまいます。
秋へのリハビリにいい感じ。

    DSCF1465.JPG
posted by embrace at 23:59| Comment(0) | 日記

2010年09月16日

秋のポンデケイジョ

   DSCF1444.JPG

アミューズのポンデケイジョ、
本日は、北海道の甘栗かぼちゃでやさしく素朴な味に。

イモクリカボチャの出番がようやくやってきたようです。
posted by embrace at 17:31| Comment(0) | 日記

2010年09月14日

おしゃべりなホウボウ

海の中は実は結構にぎやかな会話が繰り広げられているらしい。
小鳥たちがさえずり、虫たちが羽音を立てるように、
魚だってコミュニケーションしたいもの。
その中でも、おしゃべりなのはホウボウで、無口なのは金魚だとか。
そんなおしゃべりを十分楽しんだホウボウは、
コクを増し旨みと脂がのってキュッと締まります。

embraceではストゥブのまま豪快に。
「淡路産ホウボウと新里芋のココット仕立て」
ムール貝やアサリ、黒イカ、旬な根菜も入って海の中さながら賑やか。

   DSCF1440a.JPG


明日水曜日は定休日となっております。




posted by embrace at 23:56| Comment(0) | 日記

2010年09月13日

野ばらと一緒に

吹く様子は見えないけれど
確かに秋の韻きを持つ色なき風を感じる今日。
昨晩の少しの雨が運んできたのかもしれません。

embraceにもamicaさんが野ばらを運んでくださいました。
amicaさんがお花を活ける姿を見るのは初めてのこと。
一瞬の業がプロの技。
シャンパン一口でホロ酔うamicaさんも素敵ですが
仕事をする姿は静かながら潔く迷いがない。
表現する手段こそ違えど、空間を作る、彩るという同じ仕事の私たち。
すばらしい仕事だと思えた時間でした。
運んでもらったのは野ばらだけではなかったよう。

 DSCF1423.JPG

          DSCF1426.JPG

posted by embrace at 22:27| Comment(0) | 日記

2010年09月12日

夏から秋へ

夏から秋への踊り場まで来ました。
ここまできたら残る暑さにかまけて
いつまでも夏の体でいるのはとても危険なこと。
少しずつ夏から秋へスイッチしていかなくては。
体の中から。

しなやかでドライなLatour Giraudのブルゴーニュブランは
ごく一部に新樽を用いて熟成。
柔らかく繊細でムルソーをも思わせる味わいです。
ほどよい樽を感じつつも、まったりし過ぎないドライさは
まさに秋への準備ワイン。

   DSCF1415.JPG

embraceのワインもお料理も少しずつ秋へスイッチです。

posted by embrace at 23:41| Comment(0) | 日記

2010年09月11日

切ない鮑のパスタ

   DSCF1395a.JPG

鮑はこう見えても巻き貝なので片方にしか貝殻がありません。
万葉の人々は、ぴったりと合う相手の貝殻がないことを
鮑にたとえ片思いの歌を歌ったそう。
「片貝の合わぬ身」がアワビの語源ともいわれています。

 伊勢のあまの 朝な夕なに かづくといふ
  あはびの貝の かたおもひにして (万葉集)
 
そんな切ない鮑を余すとこなく使い、本日は、
手打ちパスタ、卵白生地のストラッチ。
「由良産アワビとオクラ 肝バターソース」

数に限りがございますのでお早目にご注文ください。
posted by embrace at 22:38| Comment(0) | 日記

2010年09月10日

太刀魚で

漁港でひときわ輝きを放っていた太刀魚は
かぼすほどに小さなみかんとハーブでマリネされ出番待ちしています。

   DSCF1403a.JPG
   
本日は手打ちのパスタ、オレキエッテのソースに。
「淡路産太刀魚とギンディージャ・緑色野菜のジェノベーゼ」

残暑を心地よく過ごすためのメニューです。
posted by embrace at 22:08| Comment(0) | 日記

2010年09月09日

淡路島由良漁港にて

淡路島は、その昔「御食国(みけつくに)」と呼ばれ
神や天皇に食物を献上していたといわれるほど食材に恵まれた場所です。
その島の南端、由良の町で思いがけない出会いに恵まれた休日。

   DSCF1381.JPG

今、由良の漁港にあがるのは
鱧、太刀魚、ホウボウ、真サバ、真鯛、カンパチ、ハゲ、
伊勢海老、鮑、黒イカ、赤ウニ・・・。

その魚たちがembraceでどんな一皿になるのか思いをめぐらせつつ
どれもこれも連れて帰りたくなる気持ちを抑えつつ
地元の漁師さんやレストランシェフとの語らいを楽しみ漁港をあとに。

道なき道に入り込み迷った時間も
お鮨をつまみに寄った時間も
回り道でも寄り道でもなく、偶然でもなく必然。
出会いというのはそういうもの。

由良の潮の薫り濃いうちにぜひお越しください。
お料理も次々ご紹介します。
posted by embrace at 21:22| Comment(0) | 日記

2010年09月07日

Nouveau 2010

    DSCF0706.JPG

早いものでヌーヴォーのご案内。

2010年の作柄予想は天候不良のため、
結実不良を起こしており収穫量は落ちるようです。
半面、凝縮感のあるワインに仕上がる可能性があるということ。
ラストスパート、今後の天候が安定することを祈るのみ。

embraceでは今年は4種類ご用意いたします。
いずれも本数に限りがありますので、お早めに
「飲みたいです」のご連絡を。
お待ちしています。

フレデリック・コサール 
ボジョレー ヴィラージュ プリムール ラパン

ご存知、ウサギのラベル。樹齢100年、単一モノポールの畑です。

マルセル ラピエール
ボジョレー ヌーヴォー

ボジョレーの巨匠と言っても過言でない作り手。

ヴィニフィエ パ ジュンコ アライ
ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー ル ポン デュ ティアーブル

ロワールでのワイン造りの経験を活かし今年で2年目のボジョレー。

ボワルカ
VDTプリムール

ソーヴィニヨンブラン種、白の新種。

明日、水曜日は定休日のためお休みとさせていただきます。
(9月より月曜日から水曜日に定休日変更となりました)







posted by embrace at 17:02| Comment(0) | お知らせ

2010年09月06日

日日是好日

昨日まであった建物が、なくなってみると
はて、何があったかしら、と思い出せないことがしばしばあります。
空気のようにそこに在ることが当たり前で感謝どころか意識すらしない。
こうして過ごす一日もそう。
どんな日もかけがえのない一日で
「今日」ほど大切な一日はないはずなのに気付けば過ぎゆく日々。
晴れて好し。雨で好し。風で好し。
そんな思いで毎日を大切に過ごすこと。
そんな好日なる一日一日がやがては「年年是好年」となるように。

   DSCF1358.JPG

embraceから一番近くにあったパーキングがなくなってしまいました。
お車でお越しの方には、近隣にパーキングが少なく
ご迷惑をおかけしております。
春日町(東へ500m)、茶屋之町(西へ300m)をご利用ください。

posted by embrace at 14:49| Comment(1) | 日記

2010年09月05日

旬のものを?

里芋といえば冬の寒い日にほっくりするイメージがありますが
ともすればお正月の食卓さえ思い浮かべたりもしますが
この時期には新物が出てきます。

「沖縄産才巻海老と新里芋のキッシュ」

   DSCF1341.JPG

旬のものを召し上がっていただきたい、と思いつつ
旬とはなんぞや
と9月の暦を眺めながら自問自答する暑すぎる晩夏です。

posted by embrace at 15:05| Comment(0) | 日記

2010年09月04日

しなやかに

   DSCF1322.JPG

木には、雨、風が必要なんです。
ゆすぶられることで、土の中で根をはるんです。
ゆすぶられることにより、結果、木は強くなるんです。

いつかどこかで聞いた誰かの言葉。
それ以来いつも思います。
ゆすぶられ意固地になればなるほど醜く折れる。
ゆすぶられないよう雨風避ければ強くはなれない。
大事なのは上手にゆすぶられること。
しなやかにゆすぶられること。
日々にとらわれのないしなやかな心のゆとり。




posted by embrace at 15:55| Comment(0) | 日記

2010年09月03日

embraceの新学期

3日間の臨時休業をいただいておりましたが、
明日より通常営業いたします。
明日9月4日はembraceの新学期。
メニューも一部変更し、店先の花々も新しく植替え、
少しお休みしていたブログも気持ち新たに再スタート。
久しぶりにみなさまにお会いできるのが楽しみです。

   DSCF1313a.JPG

お伝えしております通り、
9月のランチ営業は都合によりお休みさせていただきます。
再開の際は、本ブログにてお知らせいたします。

明日9月4日(土)は17:00より営業いたします。




posted by embrace at 11:38| Comment(0) | 日記