2010年11月11日

秘して花

   DSCF1927.JPG

embrace1周年を華やかに飾ってくれたお祝いのお花がそれぞれの役目を終えました。
その静なる美しさを通して感動をもらったことにあらためて感謝をする。
そしてそっと片付けながら思います。
宇宙から見たら、人も花も何ら変わらぬ限りある命をもつ生き物。
人も、不安や迷いや惑いでぐらぐら揺れる心の部分は奥の奥に秘しておき、
凛とした心の花を堂々咲かせるべきであるし、そうありたい、と。
posted by embrace at 20:24| Comment(1) | 日記