2010年12月07日

時間と手間と

科学の進歩は私たちの身の周りを
次々に便利で快適なものへと誘ってくれているけれど
料理の世界はいつまでたってもアナログだ。
時間と手間をかけずして完成はない。

  DSCF2096.JPG

この豚バラ肉、
4日間、ソミュール(ハーブやスパイスを使った液)に漬け込んだのち、
半日、温かいところで熟成をかけたところ。
さらにこのあと6時間かけて香味野菜と一緒に煮込み、
やっと素材から材料へとステップアップ。
お皿の上で完成するのはまだその先の話。
時間をかけることによって、脂にも塩味が沁みこみ、余計な脂は落ち、
熟成した旨みが生まれる。
この旨みの誕生には残念ながら便利な方法も快適な近道もないのです。

このアナログ豚が晴れ舞台に立つ日をどうぞお楽しみに。
posted by embrace at 22:51| Comment(0) | 日記