2011年01月31日

花梨と生姜のパンナコッタ

  DSCF2561.JPG

うがい、手洗い、ショウガ、カリン。
風邪予防に効く、これ基本。
明日から2月。
インフルエンザになんてかかってちゃしょうがないじゃない。
ダブルで効くデザート、ご用意しました。
「花梨と生姜のパンナコッタ」。
早く治してほしいから。
posted by embrace at 19:25| Comment(0) | 日記

2011年01月29日

メデタイ睦月

初夢から始まって、初詣、初売り、初仕事。
なにかにつけちゃ初をつけ
初モノづくしだったおめでたい睦月も残すところあと2日。
ですが、このきびしい寒さの続くうちは、せめて気分はめでたくありたいものです。

今週末、ランチの前菜。
「由良天然鯛のマリネ カラスミと“からいね”大根添え」

 DSCF2529.JPG

3kgの大きな鯛は
きめ細かい身の締りとしっかりとした身の厚さでめでたさ倍増。
めでたい鯛掴む恵比寿様は商売繁盛の夢も呼ぶ。

  DSCF2514.JPG

ディナーでは90歳のおばあちゃまのお誕生日をお祝いし
ここへきて延年転寿のおめでたさ。

 DSCF2535.JPG
posted by embrace at 22:15| Comment(0) | 日記

2011年01月28日

weekend lunch menu

29日(土)・30日(日)のランチは

前菜
 由良天然鯛のマリネ カラスミと“からいね”大根添え
or
 上州和牛トリッパとスジ、鉢ヶ峰ネギのキッシュ

パスタ
 スパゲッティーニ
   由良産舌平目と白菜のカタルニア風
or
 フジッリ
   大山鶏とゴボウのラグーと山本農園ホウレン草のソース   

デザート(+300円)
 花梨と生姜のパンナコッタ
 リンゴとレーズンのタルト アルザス風


です。

当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

白ワインでも飲みながら、淡路由良の冬の魚を堪能してください。
なんと早いこと、1月最後の週末です。
posted by embrace at 14:04| Comment(0) | お知らせ

2011年01月27日

ロワール月間

1月のアルザス月間に続き、来る2月はロワールです。

 DSCF2526.JPG

森と田園に囲まれ中世の古城が点在し、
その美しさは“フランスの庭”ともたとえられるロワール。
ワインは、フランスで一番長い河、ロワール河流域に沿って広がるぶどう畑で造られます。
大西洋の河口からナント地域、アンジュー&ソーミュール地域、
トゥーレーヌ地域、中央フランス地域、と4つの地域に分かれ
産出されるワインも、赤、白、ロゼ、発泡、そして甘口、半甘口、辛口と多彩。
1ヶ月では、ロワールの魅惑的なその全てを知り尽くせないかも。
2月はバレンタインデーも楽しまなくちゃならないし、
ちょっと忙しいロワール巡りになりそうな予感。

お料理も追ってご紹介いたします。
posted by embrace at 23:25| Comment(0) | 日記

2011年01月25日

寒さも楽しむ

つい寒い寒いと口をついて出るけれど
思えば1月や2月の寒さはこれがフツウなのかもしれません。
その昔、1902年の今日、旭川では氷点下41度を記録したそう。

とはいえ、お店をオープンする夕刻5時。
日に日に景色が明るくなってゆくのを感じます。
まだ目には見えずとも春は確かにこちらに近づいてきています。
もう少し気長に、そして楽しく待つとしますか。
「勝浦産金目鯛と芝エビのココット」をご用意します。
暖かい太陽の国、スペインはカタルーニャ地方のアクアパッツァです。

 DSCF2470.JPG

明日水曜日は定休日のためお休みです。
posted by embrace at 23:55| Comment(0) | 日記

2011年01月24日

焦がしリンゴとレーズンのタルト

寒い寒い。
寒い日は甘いもの注意報。

 DSCF2474.JPG

posted by embrace at 21:35| Comment(0) | 日記

2011年01月23日

ワカサギを楽しむ

 DSCF2457.JPG

凍った湖面に穴を開け、糸を垂らして
銀色の小さな魚が足元に泳ぎよってくるのをひたすら待つ。
一度はやってみたいワカサギ釣り。
釣ったそばから天ぷらにして氷の上ではふはふ食べたら
そりゃおいしいことだろう。
そのわくわく感には及ばないかもしれないけれど
embrace流に冬のワカサギを楽しもう。
ニュージーランドのソーヴィニヨンブランに合わせて。
「北海道産ワカサギの瞬間エスカベッシュ」
ゆずや金柑など冬の柑橘の香りで。

  DSCF2462.JPG
posted by embrace at 16:50| Comment(0) | 日記

2011年01月22日

ウズラ

「ウズラ」は、その昔、戦国時代の日本で、
鳴き声が「御吉兆(ゴキッチョー)」と聞こえるから、と
出陣前の縁起担ぎに用いられたりしていたとかいないとか。
万葉集でその鳥の名が常連なのは有名なこと。
古今東西、人や神との深い関係があるそうです。

embraceはトンブ産のウズラ。
ゴボウとリゾットを詰めたガランティーヌの週末ランチで
月曜からの出陣に備えましょう。

  DSCF2464.JPG
posted by embrace at 21:31| Comment(0) | 日記

2011年01月21日

weekend lunch menu

22日(土)・23日(日)のランチは

前菜
 燻製穴子と菊菜、金時人参のキッシュ
or
 トンブ産ウズラのガランティーヌ ゴボウとリゾット詰め

パスタ
 スパゲッティーニ
   長崎産鰆と”からいね”大根のトマトソース
or
 フジッリ
   仔羊と菊芋のラグーソース   

デザート(+300円)
 花梨のパンナコッタとコンフィチュール
 リンゴとレーズンのタルト アルザス風


です。

当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

大寒も過ぎ1月ももう後半。
綿毛に覆われたこぶしの小さな冬芽も
春がやって来るのを寒そうに待っています。
posted by embrace at 17:25| Comment(0) | お知らせ

2011年01月18日

春恋し

 DSCF2122.JPG

さくさくした食感、確かな甘み、きれいな色合い。
紅芯大根は、原産国の中国ではお祝いのときに食べられるそう。
これは中でもかなり淡いピンク色。
春を待ちわびる色。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
posted by embrace at 22:48| Comment(1) | 日記

2011年01月17日

アルザスの可愛い赤

   DSCF2448.JPG

アルザスのピノノワールは
淡く透明感ある赤色から受けるイメージに違わずとても繊細で可憐。
ブルゴーニュのピノノワールよりも
さらにもっとチャーミングでピュアで
イチゴキャンディのような可愛らしい子。
手塩にかけて丁寧に育てられたのが
なるほど、一口飲めば伝わります。

posted by embrace at 23:45| Comment(0) | 日記

2011年01月16日

おおさむこさむ

おおさむこさむ。山から小僧がとんできた。
なんといってとんできた。寒いといってとんできた。
小寒過ぎてもうすぐ大寒。
暦通りの寒さです。

  DSCF2444.JPG

おおさむこさむ、こんな夜は
リンゴと洋ナシの蒸留酒、カルヴァドスを少々。
小さめの氷を入れて
時に任せゆっくりゆっくり溶かしていくと
グラスからは柔らかい香りがたち始め
冷たかった手や頬もピンク色に。

  DSCF2424.JPG

コーヒーにお付けしているプチフィナンシェ、
キャラメリゼしたアーモンドをたっぷり入れたら
食後酒にもぴったりでした。
posted by embrace at 18:26| Comment(0) | 日記

2011年01月15日

Foie Gras

アルザスはフランス随一のフォアグラの名産地。
フォアグラに貴腐ワイン、は定番ですが
時として貴腐ワインのとろっとした甘さよりも
甘さと酸味のバランスが心地よいゲヴュルツトラミネールが絶好の伴侶に。
同郷だったり生まれた日が近かったりすると、
とかく恋に落ちやすいでしょ、それと一緒。

  DSCF2441.JPG

フォアグラにはキャラメリゼしたリンゴを添えて。
posted by embrace at 17:04| Comment(0) | 日記

2011年01月14日

weekend lunch menu

15日(土)・16日(日)のランチは

前菜
 神奈川産ハリイカと生海苔のキッシュ
or
 テット・ド・フロマージュとレッドムーン アイオリソース

パスタ
 スパゲッティーニ
   長崎産鰆のコンフィと山本農園のホウレン草のソース
or
 フジッリ
   大山地鶏とゴボウのラグーとヤーコンのソース   

デザート(+300円)
 花梨のパンナコッタとコンフィチュール
 リンゴとレーズンのタルト アルザス風


です。

当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

明日の土曜日はまたまた雪の予報。
暖かくしてお出かけください。
温かいメニューでお待ちしています。
posted by embrace at 14:56| Comment(0) | お知らせ

2011年01月13日

Tarte Flambee

タルトフランベはアルザス地方のいわゆるピッツァ。
アルザス語ではフラメクーシュとも呼ばれます。
おやつとして、前菜として、
居酒屋やレストランなど、街のあちこちで食べられる馴染みのメニューです。
フローマージュブランと生の玉ねぎ、燻製がしっかり効いたベーコンで完成のシンプルピッツァ。
  
  DSCF2430.JPG

パリッとした薄い生地の香ばしさに思わずビールに手が伸びそうですが
ここはアルザスッ子を気取ってみよう。
合わせるワインは
軽やかながら上質なはちみつを感じ、きれいな酸味も広がるオーセロワ。
アペリティフとしてもおいしいこのワインとタルトフランベで
ベッコフができあがるのを待つのもまた楽し。
posted by embrace at 16:27| Comment(0) | 日記

2011年01月10日

BAECKEOFFE

3連休最後の今日、
一日中ちらつく雪の中を行き交う
艶やかな振袖姿の女の子たち、
そして商売繁盛の福笹片手に十日戎を詣る人。
皆、白い息をはきながら。
日本全国、寒さがピークを迎えているようです。

そんな夜に、冬の寒さ厳しいアルザスの郷土料理、
ベッコフの温かさは体がホッと緩みます。

名前の由来は「パン屋さんの窯」(ベックオフ)。
日曜日、台所に残っていたお肉や野菜をお鍋に入れて一晩寝かし、
月曜日の朝、パン屋さんに持って行き、窯の火で加熱して、
鍋ごと家に持ち帰って家族で食べたとか。

embraceでは、白金豚スネ肉、岩手牛、じゃがいもを
ストゥブ鍋に閉じ込めて。

 DSCF2436.JPG

     DSCF2385.JPG

ワインはもちろんリースリング。
冬のアルザスの旅はおいしい楽しい暖かい。

posted by embrace at 21:28| Comment(1) | 日記

2011年01月09日

アルザス月間

フランスの地図を広げると右側、上のほう、
ドイツと隣り合い、パリやシャンパーニュとほぼ同緯度にある
フランス最北の縦長のワイン産地がアルザスです。
青く澄み切った空にはコウノトリが群れて舞う美しい街。

アルザスのワインには代表的な品種が4種類あります。
リースリング、ミュスカ、ピノ・グリ、ゲヴルツトラミネール。
そのほかにも赤ワインを作るピノ・ノワールや、
クレマン・アルザスという瓶内二次発酵の発泡酒を作るためのシャルドネ、
人懐っこい味わいのピノ・ブランやシルバーナなど、
意外に多くの品種が存在します。

  DSCF2394.JPG

1月、embraceでは、このアルザスのワインとお料理の魅力を
ご紹介していこうと思っています。
今年はアルザスを巡る旅から始めませんか。

 DSCF2416.JPG

posted by embrace at 15:43| Comment(0) | 日記

2011年01月07日

weekend lunch menu

2011年のembrace、本日よりスタートです。
年が明けて生まれ変わったようなこの気持ちを
毎日毎朝のサイクルにしていきたい、そう思っています。
今年もたくさんの新しい風を取り込んで。

明日からの3連休、ランチ営業しております。
8日(土)・9日(日)・10日(月・祝)のランチは

前菜
 福岡産芝エビと大和太葱、金時人参のキッシュ
or
 八雲短角牛のタリアータ アイオリとバルサミコ風味

パスタ
 スパゲッティーニ
   北海道産鱈と聖護院大根のトマトソース
or
 フジッリ
   上州和牛トリッパとゴボウのラグーソース   

デザート(+300円)
 和歌山産柿のパンナコッタとコンフィチュール
 リンゴとレーズンのタルト アルザス風


です。

当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

お待ちしております。
posted by embrace at 16:39| Comment(0) | お知らせ

2011年01月02日

臨時休業のお知らせ

昨日元日も2日目の今日も、
多くの方がさっそく足と笑いと福を運んでくださり
たくさんのオメデトウとお酒を酌み交わし
新年のいさぎよい大空に
大きな声でありがとうと言いたい気持ち。

今日がembraceは大晦日。
明日3日(月)〜6日(木)は臨時休業とさせていただきます。
7日(金)17:00より通常営業いたします。

どうぞ本年も引き続きよろしくお願いいたします。

  DSCF2327.JPG

posted by embrace at 16:25| Comment(0) | お知らせ

2011年01月01日

謹賀新年

  DSCF2337.JPG
  
明けましておめでとうございます。
2011年、気持ちも新たにスタートです。
本年も皆さまのお越しをお待ち申し上げております。
posted by embrace at 17:11| Comment(0) | 日記