2011年04月30日

春の桜えび

春と、桜色に染まる由比の海から桜えびが届きました。
1年に2度訪れる幸せ。
パスタやリゾットでお楽しみいただきます。
次の秋まで長い余韻に浸れるよう、香ばしさを噛みしめて。

  DSCF3169.JPG

GW中、ランチ・ディナー共に
特にテーブル席、個室のご予約が埋まっている日が多くあります。
お手数ですが、お早目にお電話にてお問い合わせくださいませ。
posted by embrace at 16:51| Comment(0) | 日記

2011年04月29日

フランスランド産

今年もホワイトアスパラガスの季節がやってきました。

 DSCF3148.JPG

フランスでは「ひょろ長い人」なんて別名もあるそうだけど
このフランス、ランド産のホワイトアスパラは、
決して“ひょろ”でなく、がっちり型の頼もしいヤツ。
体格だけでなく中身もそれは素晴らしい。
アクは強いけれど、中にはとんでもなくエグ味の強いヤツもあるけれど、
その分、味が濃く、そのシャキっとした歯ごたえはこの体格ならでは。

embraceでは、シャキっだけでなく3種の食感を一皿で楽しんでいただいています。

ランド産マグレ鴨のスモークも一緒に。
同郷がとかく恋に落ちやすいのはすでに体験済みですから。

旬とは短いもの。
数に限りもございます、お早目にどうぞ。
posted by embrace at 23:40| Comment(0) | 日記

2011年04月28日

weekend lunch menu

29日(金/祝)・30(土)・5/1(日)のランチは

前菜
 八丈島産赤ハタと筍、ワケギのキッシュ
or
 ランド産マグレ鴨のスモークと泉州水茄子のサラダ

パスタ
 スパゲッティーニ
   宮崎産カツオと新玉葱のアンチョビバター風味
or
 フジッリ
   白金豚とアサリ、いろいろお豆の軽いラグーソース   

デザート(+300円)
 ザボンとアーモンドのタルト
 苺のミルフィユ シナモン風味


です。

当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

テーブルや個室は、お人数の多い方のご予約で埋まってきています。
お早目のお電話をお待ちしております。
posted by embrace at 14:21| Comment(0) | お知らせ

2011年04月26日

再度GW営業日のお知らせ

いよいよGW目前です。
近くへ遠くへ、西へ東へ。
いろいろ計画を巡らせる、お休み前のこの時期が
実は一番わくわくするのは私だけでしょうか。

embraceのGWの予定をもう一度。

4月29日〜5月9日は休まず営業いたします。
ランチは土日祝日のみ営業しています。
  → 2日(月)、6日(金)、9日(月)はディナーのみ。
5月10(火)は臨時休業とさせていただきます。

定休日 水曜日
営業時間
17:00〜23:00(LO)
土日祝
11:30〜14:00(LO)
17:00〜23:00(LO)

ご不明な点、ご予約はお電話にて承っております。
  tel 0797-57-1488

明日水曜日は定休日のためお休みです。
posted by embrace at 23:59| Comment(0) | お知らせ

2011年04月25日

cassoulet

フランス南西部、ラングドック地方の白インゲン豆を使った煮込み料理、カスレ。
本場フランスでも町や村、お店や家庭によって一緒に煮込むお肉の種類が異なり
それがいわゆる“おふくろの味”というやつになるわけです。
embraceのカスレは、琉華豚の塩漬けバラ肉とソーセージ。

琉華豚をすみからすみまで使い、時間もテマもヒマもたっぷりかけて仕込んだそれらは
フランスのおふくろにもぜひ一度食べてもらいたい。

    DSCF3107.JPG

煮込み料理がホッとする風が頬に冷たい夜がまだまだあります。
南仏ワイン3種飲みくらべとぜひご一緒に。

 DSCF3167.JPG
posted by embrace at 23:54| Comment(0) | 日記

2011年04月24日

blueberry

店先のブルーベリーがここ1ヶ月くらいで急に背を伸ばし
小さな釣り鐘状の白いお花をつけました。
 
 DSCF3156.JPG DSCF3163.JPG

こうして毎日どこかで小さな芽が出、花が咲き、
どこかの誰かを喜ばせている。
何も変わらぬように日々足早に過ぎてゆくけれど
確かに何かが変化している。
日々のちいさな歩みがきっとやがておおきなよろこびになる。
posted by embrace at 23:45| Comment(0) | 日記

2011年04月23日

ひらめくひらめ

由良漁港では、閃きが大切。
大将の「今日はこれいいぞ!」の大声に触発されて
その状態を見極めながら
どう調理しようか、何と合わせようか、とイメージする。
今回、その閃きによって持ち帰ったヒラメをまずはランチで。
マリネにしたヒラメに
1週間以上かけて仕込んだカツオの酒盗とワケギのソースを合わせます。
盗まれたように酒もすすむ閃きの前菜です。

  DSCF3144.JPG
posted by embrace at 23:35| Comment(1) | 日記

2011年04月22日

weekend lunch menu

22日(土)・23(日)のランチは

前菜
 由良産ヒラメのマリネ、ワケギとカツオ酒盗のソース
or
 大山鶏とタケノコと白菜の菜花のキッシュ

パスタ
 スパゲッティーニ
   由良産真鯛とワラビ、ヨモギのジェノベーゼソース
or
 フジッリ
   白金豚とカブのラグーソース、新玉葱とレモン風味   

デザート(+300円)
 ザボンとアーモンドのタルト
 苺のミルフィユ シナモン風味


です。

当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

GW間近の計画はお決まりですか?
まずは腹ごしらえ、そしてワインでも飲みながら詰めましょうか。
posted by embrace at 14:52| Comment(0) | お知らせ

2011年04月21日

由良のブイヤベース

淡路由良の春の海ごと調理してしまったような一皿です。
アイナメのセモリナ粉焼きを主役に、
今日は、ミシマオコゼ、メバル、タイ、シタビラメ、ハマグリ、エビ、
そのほかたくさんの魚介を惜しみなく使ったブイヤベース風。
この“惜しみなさ”こそが深みや奥行き、そして旨みをぐんと増す
タネもシカケもないマジックです。

  DSCF3140.JPG
posted by embrace at 23:58| Comment(0) | 日記

2011年04月19日

日本の美しいコトバ

人の心に耳に残る言葉は、意味の力だけで完成するものでなく
それをフォローするにふさわしい「音」を持ちます。

四季と同居する日本人は
日常のふとした感覚や仕草、かすかな自然の移ろい、
目に映るさまざまな色を言葉にし創作してきました。

私が美しさに心躍る季節の言葉のひとつが山菜の名前。
しどけ、うるい、こごみ、わらび、あいこ、みず、ふきのとう。
その瑞々しい響きは、華やかな美しさではないけれども、趣のある美しさ。
丁寧に紡いでゆきたい日本の尊い言葉だと思うのです。

そんな私たち日本人に季節を告げるきれいな名を持つ山菜たち。
embraceでどうぞたっぷり感じてください。

  DSCF3114.JPG

明日水曜日は定休日のためお休みです。
posted by embrace at 23:50| Comment(0) | 日記

2011年04月17日

薫風

花咲き風薫る春の週末。
鳴尾御影線のケヤキの緑が日に日に眩しさを増していき
緑の間を抜ける風が爽やかな薫りを運ぶ。
この季節がこんなにも心地よく感じられるのは
長かった冬を乗り切ったあとの心の余裕なのかもしれません。

   DSCF3100.JPG

embraceの店先のお花やハーブもうらうらとした光を受けて自然とほころぶ。

 DSCF3090.JPG

お皿の上で花のようにほころぶは
「金目鯛の生ハム 夜須トマトとモッツァレラのカプレーゼ仕立て」

シャープでドライなオーストリアはツヴァイゲルトのロゼに合わせて。
posted by embrace at 23:58| Comment(0) | 日記

2011年04月15日

weekend lunch menu

16日(土)・17(日)のランチは

前菜
 静岡産カツオと新タマネギ、じゃばらのサラダ セビーチェ風
or
 ランド産マグレ鴨とタケノコ、ポワロー葱のキッシュ

パスタ
 スパゲッティーニ
   長崎産アジの炙りとホウレン草、ヨモギのジェノベーゼソース
or
 フジッリ
   大山鶏と黒インゲン、ブラウンマッシュルームのソース   

デザート(+300円)
 ザボンのパンナコッタ
 苺のミルフィユ シナモン風味


です。

当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

週末、芦屋のパーキングはどこもいっぱいです。
どうぞ、桜色の絨毯を歩いてお越しくださいませ。
posted by embrace at 15:10| Comment(0) | お知らせ

2011年04月14日

宝石を食す

富山湾の宝石、白エビが届きました。
繊細な甘さと香ばしさ、一年にこの時期だけのゼイタクです。

ピクルス、アボカドのタルタル仕立てで。

 DSCF3082.JPG

きれいなロゼ色ワインと合わせて
やさしい春色のメニューです。
posted by embrace at 23:42| Comment(0) | 日記

2011年04月12日

GW営業日のお知らせ

ついこの間、明けましておめでとうを言ったばかりなのにもうGWのご案内です。

4月29日〜5月9日は休まず営業いたします。
ランチは土日祝日のみ営業しています。
5月10(火)は臨時休業とさせていただきます。

 DSCF3068.JPG
  
定休日 水曜日
営業時間
17:00〜23:00(LO)
土日祝
11:30〜14:00(LO)
17:00〜23:00(LO)

ご不明な点、ご予約はお電話にて承っております。
  tel 0797-57-1488

明日水曜日は定休日のためお休みです。
posted by embrace at 23:33| Comment(0) | お知らせ

2011年04月11日

桜の週末

昨日日曜日の芦屋の青空は
満開の桜で明るさを増したようでした。

 DSCF3009.JPG
        DSCF3011.JPG

桜のトンネルをくぐった先には
春を感じる食材でお出迎え。
春の苦みを感じるツクシをたっぷり使い
 
  DSCF2988.JPG

かわいらしい帆立の稚貝、ベイビィホタテをぷっくらと。

   DSCF2997.JPG

そしてバジルの代わりにふんだんのヨモギで作るジェノベーゼソースを絡めたランチのパスタ。

 DSCF3003.JPG

お席をご用意できなかったお客様にお詫び申しあげます。
またのお越しを心からお待ちしています。
posted by embrace at 15:49| Comment(0) | 日記

2011年04月09日

春の日のポンデケイジョ

 DSCF2971.JPG

今日、春の日のアミューズに
木の芽と筍のポンデケイジョ

この極上の春のコンビに心騒ぐのは日本人だけでしょう、たぶん。
posted by embrace at 16:53| Comment(0) | 日記

2011年04月08日

weekend lunch menu

9日(土)・10(日)のランチは

前菜
 真イワシの瞬間燻製とジャガイモ、新タマネギのサラダ
or
 大山鶏とタケノコ、ワカメのキッシュ タプナードソース

パスタ
 スパゲッティーニ
   ベビィ帆立とツクシ、ヨモギのジェノベーゼソース
or
 フジッリ
   仔羊と菜花、分葱のラグーソース   

デザート(+300円)
 パンナコッタ 紅ほっぺのソース
 シナモン風味のミルフィユ ザボンのコンフィチュール


です。

当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

この週末、桜が見頃を迎えそう。
雨空の土曜日、青空の日曜日、きっとどちらもそれぞれ桜日和。
posted by embrace at 14:55| Comment(0) | お知らせ

2011年04月07日

南仏月間

うとうとと眠けを誘う心地よい午後でした。
そんな暖かな日差しにまどろむ4月、
embraceでは南フランスのワインをたくさんご用意します。

アルプス山脈の雪解け水を地中海まで運ぶローヌ河。
この河沿いに果てしなく広がるコート・デュ・ローヌのブドウ畑。
ローヌ河河口のマルセイユからコート・ダジュールのニースまで
海岸沿いの丘陵地に海を望むプロヴァンスのブドウ畑。
世界最古のワイン生産地です。
そしてイタリア国境に近い、地中海にうかぶコルシカ島。

  DSCF2984.JPG

少し早いバカンスに旅立つ気分で。
アルザス、ロワール、南イタリア月間ですっかりご好評の
3杯飲みくらべももちろんお楽しみいただけます。

posted by embrace at 23:39| Comment(0) | 日記

2011年04月05日

サヨナラダケガ人生ダ

  DSCF2389.JPG

昔は理解し得なかったことも、時を経て歳をとって、
あらためてその深さを知ることがあります。

井伏鱒二が「さよならだけが人生だ」と訳した漢詩「勧酒」の結句。

この杯を受けてくれ
どうぞなみなみ注がしておくれ
花に嵐のたとえもあるぞ
さよならだけが人生だ

日々の悲しいニュースと、青空に向かって咲く桜とを複雑な気持ちで見ていたら
長いこといまひとつ解釈しきれず引っかかっていたこの最後の一フレーズが
不思議と心の中で自分の言葉になりました。

どんなに美しく咲いている花だって突然の嵐によってそのすべてを奪われることもある。
そんなどうにもならないはかなさこそが人生だ。
だからこそ前を見つめるのだ。
人生、サヨナラがつきものなのだから、せめて今この出会いを、この時を大切にしよう。
別れもあれば出会いもあるこの世界は捨てたものではない。

喜びも悲しみも満開の桜の木の下ならば
きっとまたがんばれる。

だから、来年はたくさんの桜が咲くことを心から祈ります。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
posted by embrace at 23:54| Comment(1) | 日記

2011年04月04日

お花見気分で

桜の下で、プロヴァンスのロゼでも開けたくなるようなメニューです。
麗らかな春なのでちょっとだけ遊び心も入れて。
「関サバの炙りとピクルス、36穀米のお寿司見立て」

 DSCF2960.JPG

posted by embrace at 14:52| Comment(0) | 日記

2011年04月03日

花冷えの日曜日

花冷えの日曜日になりました。
この時期、春がやってくると、桜はいつ咲くか、いつ咲くかと心をざわめかせ
咲いたら咲いたでいつ散ってしまうかと天気ばかりが気にかかる。
昔の人も詠っています。

世の中に絶えて桜のなかりせば春のこころはのどけからまし

この世の中に、桜というものがなかったとしたら
散ることを心配して心痛めることもなく
春、人はもっと心穏やかでいられるだろうに。

いつの時代も桜に遊び遊ばれて。
この週末も桜に誘われたくさんの方にお越しいただきました。
明日からまた少しずつ暖かくなるそうです。

   DSCF2964.JPG
posted by embrace at 16:21| Comment(0) | 日記

2011年04月01日

weekend lunch menu

4月2日(土)・3日(日)のランチは

前菜
 和歌山産カツオとポーチドエッグのニース風サラダ
or
 大山鶏のスモークと九条葱、ジャガイモのキッシュ

パスタ
 スパゲッティーニ
   長崎産真鯛とアサリ、ヨモギのジェノベーゼソース
or
 フジッリ
   鹿児島黒豚のポルペッティーニとキャベツのトマトソース   

デザート(+300円)
 パンナコッタ 紅ほっぺのソース
 プラムと松の実のタルト


です。

当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

4月の声を聞き、桜の蕾があわてて衣を脱ぎ始めました。
宮塚公園もほんのりピンク色。
posted by embrace at 13:28| Comment(0) | お知らせ