2011年06月28日

初夏の由良から♯3

初夏の由良といえばウニ。

 DSCF3642.JPG

由良ウニの特徴は
「ムラサキウニの上品さとバフンウニの甘さ」を併せ持ったものだそう。
1年の4ヶ月だけの至福の時です。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
posted by embrace at 23:59| Comment(0) | 日記

2011年06月27日

初夏の由良から♯2

「由良産キスの炙りと泉州水茄子のサラダ」

 DSCF3641.JPG

6月のキスは「絵に描いたものでも食え」と言うほどに美味しくなると言われます。
漢字で書くと「鱚」。
喜ぶ顔に出会える魚。
旬の水茄子と合わせ、涼を誘う一皿です。
posted by embrace at 23:33| Comment(0) | 日記

2011年06月26日

本日営業時間のお知らせ

本日6月26日(日)は
22:00より貸し切り営業となりますため、
ディナーの通常営業は21:30までとさせていただきます。
誠に勝手ながら、ご了承いただけますようお願い申しあげます。
posted by embrace at 11:09| Comment(0) | お知らせ

2011年06月25日

初夏の由良から#1

「由良産コチの炭火焼き 小エビのアヒージョのソース」

 DSCF3637.JPG

カサゴ、オコゼ、フグにアンコウ、
不細工な魚ほど旨い、と言われるその仲間にコチがいます。
押しつぶされたように平べったく、頬が左右に張り、さらに大きな口は受け口ときた。
しかしながら、フグにもまさる綺麗な白身、淡白ながらほどよい甘味。
愛すべき不細工な魚たち。
posted by embrace at 16:10| Comment(0) | 日記

2011年06月24日

weekend lunch menu

6月25日(土)・26日(日)のランチは

前菜
 由良産ゴマサバの瞬間燻製と焼きナスのカタルニア風
or
 白金豚と山本農園キャベツ、四万十生姜のキッシュ

パスタ
 スパゲッティーニ
   初夏の由良の磯魚と焦がしにんにくのトマトソース 実山椒の香り
or
 フジッリ
   大山鶏とゴボウのラグー おろし玉葱とすだちのソース    

デザート(+300円)
 奄美の島バナナとナッツのタルト
 ココナッツ風味のパンナコッタ 初夏の果実のマチェドニア添え


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認くださいませ。

急な暑さに身体がついていけないと食欲がなくなり夏バテをおこしがち。
しかし、夏バテするには早すぎます。
というわけで、どれをとっても食欲がわいてくるようなメニューをご用意しました。
すっとした清涼感に、一瞬、蒸し暑さを忘れるはずです。
posted by embrace at 13:13| Comment(0) | お知らせ

2011年06月23日

待ってました

   DSCF3590.JPG

夏日の昨日、風は強いながらも、由良の海は思いのほか穏やかで
対岸まで泳ぎつけそうな気持ちになる。
匂い立つのは明らかに初夏の香り。
今回は、1ヶ月前に「もうすぐ」と記したものたちが、待ってましたとばかりに出迎えてくれました。
由良のウニとハモ。

  DSCF3597.JPG DSCF3586.JPG

次は私たちが皆さまを
「お待ちしておりました」とお出迎えさせていただきます。
お待ちしております。どうぞお早めに。
posted by embrace at 23:38| Comment(0) | 日記

2011年06月21日

日々研磨

モノや人によって自分自身が磨かれてゆくのです。

という言葉を目にしました。
まさにそんな日々。そんな一週間。

 DSCF3569.JPG

明日水曜日は定休日のためお休みです。
posted by embrace at 23:59| Comment(0) | 日記

2011年06月20日

島バナナのタルト

ひとつのお皿を完成させる過程には、
小さないくつもの作業があって
その作業のどの工程をも手を抜いたならば本当の完成はあり得ない。
一見、シンプルに見えるお皿であったとしても
それは素材を生かすための仕事を丁寧に慎重に重ねて生まれるもの。
時計の小さなネジが怠けて働かなかったら、
大きな針も動かずに、正確な時を刻まないのと同じこと、なのだと思います。
およそどんなに些細な作業であっても、それは大きな仕事の小さな一部。

どんなに小さな一歩でもそれは長い道のりのひとつの歩み。


奄美の島バナナでタルトを作りました。

  DSCF3551.JPGDSCF3562.JPG
 DSCF3585.JPG

あえて完熟する前の、栗のようなホコっとした食感を残して。

 DSCF3582.JPG
posted by embrace at 16:47| Comment(0) | 日記

2011年06月19日

麦わら焼き

梅雨の中休みになりそうです、
と書いたのに、結局、降ったりやんだり、相変わらずの週末でした。
梅雨時期の6月は、適中率が70%台まで下がるそう。
そんな中、たくさんの方にお越しいただき、心からの感謝です。
お席をご用意できなかったお客様にはお詫び申し上げます。

雨はしばらく続くようですが
さて、その響きから、夏の訪れを頭に描いてしまう
「由良産舌平目とジャガイモの麦わら焼き」

 DSCF3576.JPG

舌平目を覆うジャガイモがクッションとなり
熱がやさしく間接的に通るため、身はふっくらと。
そして、そのお魚から出る旨みがジャガイモに染みこむ。
なんともスマートな連携プレイ。
アメリケーヌソースで。
posted by embrace at 23:53| Comment(0) | 日記

2011年06月17日

weekend lunch menu

6月18日(土)・19日(日)のランチは

前菜
 鹿児島産フエフキダイと新ジャガ、山本農園グリーンピースのキッシュ
or
 白金豚のパテ・ド・カンパーニュとピクルス

パスタ
 スパゲッティーニ
   岩手の初夏の川魚と玉葱のアーリオオーリオ 実山椒の香り
or
 フジッリ
   仔羊とちりめんキャベツのラグーと黒いんげん豆    

デザート(+300円)
 奄美の島バナナとナッツのタルト
 ココナッツ風味のパンナコッタ 初夏の果実のマチェドニア添え


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認くださいませ。

この週末はつかの間の梅雨の中休みになりそうです。
ずーんと重たい低気圧に負けてしまいそうな頭と身体を
クイックリフレッシュするチャンス。

posted by embrace at 13:45| Comment(0) | お知らせ

2011年06月16日

グミの木

梅雨らしい一日です。
いつもより大きく響く子供の声、
水しぶきを飛び散らせて走るタイヤの音。
雨の日はいつもよりも耳に触る音が多いのに
なぜか不思議と静寂を感じます。

「おいしいものを連想させる赤い実でしょ」とamicaさんがくださったグミの枝。

 DSCF3542.JPG
 DSCF3546.JPG

かわいらしすぎて、ついつい眺めて、眺めてはくすっと笑ってしまう。
こんな過ごし方もいいよね、と思う静かな雨の日。
posted by embrace at 23:59| Comment(0) | 日記

2011年06月14日

アロスネグロ

いつもあるわけではないけれど
あれば、その日はきっとついてる日。
アロスネグロ、イカ墨のパエリヤ。
地中海地方のワインに合わせて、ある日また気まぐれに登場すると思います。

 DSCF3530.JPG

明日、水曜日は定休日のためお休みです。
posted by embrace at 17:00| Comment(0) | 日記

2011年06月13日

琵琶湖の小鮎

鮎は、いにしえの日本、万葉時代から親しまていたことが万葉集を詠めば一目瞭然。
大伴旅人、大伴家持親子もどうやら相当な鮎好きだったと思われます。
数百年経った今も私たち日本人の鮎好きは変わることなく
初夏には、和食に、和菓子に、embraceに。

 DSCF3534.JPG

琵琶湖に棲む鮎は海に下らず、生涯を湖で暮らします。
そのため、体長が6cm位にしかならないので「子鮎」とよばれます。
この琵琶湖の小鮎をフリットに。
胡瓜と長芋のサラダとさっぱり合わせて、
シャンパンがぶ飲み。
今年の夏をわしづかみ。
posted by embrace at 23:31| Comment(0) | 日記

2011年06月11日

チェリーのガスパチョ

 DSCF3525.JPG

メロンの次はチェリーで作りました。
フルーツトマトやパプリカなどのお野菜と
チェリーやアーモンドからの甘みと酸味、
それからパンを入れることによるほどよいとろみ。
どれもこれも主張しすぎず、各々役目をきちっと果たし
絶妙な爽やかさを演出します。
オトナピンクの冷たいスープ、あー、やっぱり一服の清涼剤。
posted by embrace at 23:59| Comment(0) | 日記

2011年06月10日

weekend lunch menu

6月11日(土)・12日(日)のランチは

前菜
 八丈島産金目鯛とゴボウ、ニラのキッシュ
or
 チェリーのガスパチョ & マグレ鴨のスモークと辛味大根のサラダ

パスタ
 スパゲッティーニ
   八丈島産トビウオと山本農園キャベツのアーリオオーリオ
or
 フジッリ
   牛スジとモツ、ヒヨコ豆のラグーソース 実山椒の香り   

デザート(+300円)
 ビワとアーモンドのタルト
 ココナッツ風味のパンナコッタ 新緑果実のマチェドニア添え


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認いただけますと幸いです。

とうとう梅雨の本領発揮か。
せっかくの週末も大雨の予報です。
どうぞお足元、お気をつけてお越しくださいませ。

posted by embrace at 14:45| Comment(0) | お知らせ

2011年06月09日

ココロとカラダの声

腰が痛みが治らず、ある方に診ていただいたら
「身体の痛みは、身体のバランスが異常を訴えているということ。もっと自分に耳を傾けて。」
と言われました。

春夏秋冬
太陽と月
潮の満ち引き
自然界のあらゆるものにリズムがありバランスがあるように
本来、私たちの身体も常にリズムをとり、バランスをとり、
大自然と融け合って美しいハーモニーを奏でていなければならないのだと思います。
それが不協和音を発する、その瞬間を、そのサインを聞き逃さないで、と。

  DSCF3493.JPG

とは言え、一番身近な自分に敏感でいることは簡単そうでむずかしい。
けれど、あえて意識をし、
自分の心と身体の音に耳を近づけるのも時には必要なのかもしれません。
posted by embrace at 23:58| Comment(0) | 日記

2011年06月07日

ハモ

関西、夏の人気者、鱧のお目見えです。

梅雨の雨水を飲んでおいしくになるものがこの世にはあります。
それが鱧。
これからまだまだおいしくなります。
焦らなくても大丈夫。

まずはパスタで。
 
 DSCF3511.JPG

明日水曜日は、定休日のためお休みです。
posted by embrace at 23:58| Comment(0) | 日記

2011年06月06日

TheMedに合わせて

太陽燦々、地中海ワインに合わせ負けていられないお料理です。
夏に向け、赤や黄色のパプリカ、茄子、カボチャ、
色とりどりの夏のお野菜が次々出てきて
定番、「有機野菜と白糠酪恵舎のチーズのストゥブ」もカラフルに。
あのキレイな夏野菜カラーは、ただただ鮮やかなだけでなく
自らを夏の日差しから守るための防護服でもあり
その頼もしい衣の下で、強い旨みと甘み、そして栄養を蓄えるのです。

  DSCF3516.JPG
  DSCF3468.JPG
  DSCF3472.JPG

赤のアクセントが食欲そそる、地中海沿岸の食卓には
上から
「初夏の魚介のサルピコン 〜スペイン風魚介のマリネ」
「山口産アジのマリネと淡竹のサラダ ピピラーナソース」
「丹波地鶏の炭火焼き ピペラード添え バスク風」

posted by embrace at 23:39| Comment(0) | 日記

2011年06月05日

TheMed月間

4月、5月はたっぷりと南仏を楽しんでいただきました。
さて6月は地中海沿岸の国々へ。

 DSCF3495.JPG

フランスはプロヴァンスやラングドック、コルシカの南仏地方。
イタリアはブーツのつま先辺り、シチリアやカラブリア。
そして、カタルーニャやバレンシアをはじめとするスペイン。

ここに育つものすべて、ヒトもブドウも農産物も
太陽の恵みを存分に受けて、明るく大きくおおらかに育つから
ひ弱なんかじゃ生きられない。
伏せってなんていられない。

embraceの開け放った扉から入る初夏の風にそんな気質を気取りながら
好評の3杯飲みくらべをお楽しみください。

まぁ、小さいことは気にすんなよ、兄弟。
それよりとりあえず乾杯しようよ。
恋でもしちゃおうよ。

・・なんて気分になるはずだから。
posted by embrace at 16:32| Comment(0) | 日記

2011年06月03日

weekend lunch menu

6月4日(土)・5日(日)のランチは

前菜
 初夏の魚介のサルピコン 〜スペイン風魚介のマリネ
or
 丹後鴨と葉玉葱、にんにくの芽のキッシュ

パスタ
 スパゲッティーニ
   北海道産黒イソとオリーヴのソース ニラとナッツの風味
or
 フジッリ
   大山鶏とゴボウのラグーソース 実山椒の香り   

デザート(+300円)
 甘夏とアーモンドのタルト
 ココナッツ風味のパンナコッタ 新緑果実のマチェドニア添え


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

今年の梅雨は長丁場になりそうな予感。
梅雨の晴れ間を有意義に、ワインでも飲みながらどうぞごゆっくり。
posted by embrace at 13:31| Comment(0) | お知らせ