2011年07月31日

8月営業のお知らせ

   DSCF3808.JPG

明日から8月。
夕刻、ヒグラシの鳴き声が聞こえてくると
夏ももう終わるよ、と告げられている気がします。
お盆ももうすぐ。

8月、Embraceはお盆の時期も休まず通常営業いたします。
  
  定休日 水曜日
  営業時間
  17:00〜23:00(LO)
  土日祝
  11:30〜14:00(LO)
  17:00〜23:00(LO)

ご不明な点、ご予約はお電話にて承っております。
  tel 0797-57-1488


現在、発売中の「芦屋夙川苦楽園walker」にembraceが掲載されています。
機会があればぜひご覧くださいませ。
posted by embrace at 15:59| Comment(0) | お知らせ

2011年07月30日

シマアジ

ラテン語による学名は「最も美味」という意味のシマアジ。
軽く炙って、夏の定番焼き茄子と。
そして酸味がカラダに心地よいこの季節、隠し味に、自家製の小梅を少しだけ。

「三重産シマアジと焼き茄子の冷製」

 DSCF3797.JPG

シャルドネ100%のブランドブランのシャンパンと合わせてどうぞ。
posted by embrace at 23:56| Comment(0) | 日記

2011年07月29日

weekend lunch menu

7月30日(土)・31日(日)のランチは

前菜
 琵琶湖の子鮎と白桃&ソルダムのガスパチョ
or
 ビュルゴー家シャラン鴨と新ジャガ、オリーヴのキッシュ

パスタ
 スパゲッティーニ
  島根産スルメイカとツルムラサキ、青唐辛子のペペロンチーノ
or
 フジッリ
  大山鶏とちりめんキャベツのラグーソース すだち風味    

デザート(+300円)
 いちぢくとアーモンドのタルト
 すもものクレームブリュレ


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認くださいませ。

早いもので7月最後の週末です。
今年は秋の到来が早いカモ、とのこと。
嬉しいようなさみしいような。
早いとこ、夏も満喫しておこ。
posted by embrace at 14:11| Comment(0) | お知らせ

2011年07月28日

白桃とソルダムのガスパチョ

メロン、アメリカンチェリー、スイカ
今度は白桃。
拘ったのはやさしさ。
白桃のやさしい甘みとソルダムの控えめな酸味のガスパチョは、
これまでのそれともまたちがう感覚をおぼえます。

DSCF3794a.JPG 
  
8月の声を聞くとき、このやさしさがなによりのごちそうとカラダが思うはずです。
posted by embrace at 23:59| Comment(0) | 日記

2011年07月25日

Cinque Terre

イタリアのリヴィエラ海岸沿い、断崖に立ち並ぶカラフルな家々。
5つの村という意味をもつ村々「チンクエ・テッレ」。
この急斜面に植えられたブドウは、
海岸からの潮風をめいっぱい浴び、豊富なミネラルをもらって育ちます。

   DSCF3784.JPG

薄めの麦わら色で香りは軽め。
じわりじわりとほのかな甘みが出てきます。
この季節にカラダが嬉しい、スッキリとした飲みやすさ。

チンクエ・テッレのぬくもりあふれる食堂で豪快な漁師の料理にこのワイン。

そんな気分をembraceで。
「北海道産ニシンの炙りと真桑瓜、パンチェッタのサラダ」に合わせて。
posted by embrace at 17:45| Comment(0) | 日記

2011年07月23日

大暑の候、

夏空の青さがいっそうまぶしいこのごろ
夜空を大輪の花火が美しく彩る季節となりました。

今日は芦屋も花火大会。
浴衣姿に身をつつんだお客様。
いつにも増して華やかな夜でした。

 DSCF3767.JPG

posted by embrace at 23:58| Comment(0) | 日記

2011年07月22日

weekend lunch menu

7月23日(土)・24日(日)のランチは

前菜
 八丈島産トビウオとカボチャ、グリーンオリーヴのキッシュ
or
 白金豚肩ロースハムと白糠酪恵舎のモッツァレラのサラダ

パスタ
 スパゲッティーニ
  八丈島産目鯛と赤ジャガイモ、カラスミのソース
or
 フジッリ
  四元豚と夕顔のラグーソース 生姜風味    

デザート(+300円)
 山梅とアーモンドのタルト
 すもものクレームブリュレ


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認くださいませ。

パスタのラグーソースに登場する夕顔、
これは源氏物語の夕顔でも、アサガオ・ヒルガオ・ヨルガオの夕顔でもなく
食べる夕顔です。
ウリ科の植物で、カタチ、食感、淡白な味はどこか冬瓜に似ています。
寒冷な地方の人にとっては、ごくごく身近な盆の味だそう。
関西ではあまり見かけないお野菜です。ぜひこの機会に。
posted by embrace at 14:46| Comment(0) | お知らせ

2011年07月21日

土用にアナゴを

古来、夏バテによし、とされてきたものはウナギだけではありません。
ウナギよりもあっさりと。
脂肪分は少なく、栄養価は高く。
ワインに合わせるなら断然アナゴ。

  DSCF3770.JPG

「対馬産穴子の燻製と長芋のテリーヌ」
ホワイトバルサミコとピリッとスパイスを効かせたソースで。

土用の丑の日、召しませアナゴ。
posted by embrace at 18:42| Comment(0) | 日記

2011年07月19日

台風接近

闇夜に台風が忍び寄ってきました。
ケヤキの枝が大きく揺れ、ちいさなうなりをあげています。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
お休み明けは台風一過となりますように。

   DSCF3702.JPG
posted by embrace at 23:23| Comment(0) | 日記

2011年07月17日

holiday lunch menu

明日18日のランチメニュー、
ほんの少しの変更をお知らせします。
パスタの一部、デザートのタルトが変わります。

前菜
 長崎産アラのマリネと富里スイカのガスパチョ
or
 牛ホホとミノの煮込みと間引きゴボウのキッシュ

パスタ
 スパゲッティーニ
  和歌山産太刀魚とレタス、ミョウガダケのソース
or
 フジッリ
  大山鶏手羽のラグーと揚げ茄子のソース 実山椒の香り    

デザート(+300円)
 いちぢくとアーモンドのタルト
 すもものクレームブリュレ


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認くださいませ。

炎天下の土日の遠出でちょっとお疲れですね。
連休最後はワインとランチとお昼寝で。
posted by embrace at 15:39| Comment(0) | お知らせ

2011年07月16日

ホロホロ令嬢

ホロホロ鳥はキジ科でありながら、キジ肉特有のクセはなく
やわらかな肉質、とろけるような食感、とても上品な味わいを持つ鳥。
その上質な鳥は、ちょっと神経質で手をやきます。
飼育の作業は最小の人員で、会話も控えめ、できる限り静かに、
動作も歩行も緩慢に、
服装も刺激がない同色に、
と、細心の注意を払って接しないと
卵を産まなかったり、卵の品質が悪くなったりするそうで。
おいしいお米を食べさせてもらい、ゆったりと育つお嬢様なのです。

ホロホロ鳥を巻きこむように成形し、ロールハムを作りました。
   
  DSCF3757.JPG

その特徴を生かし、上品に柔らかに仕上げています。
お嬢様のハムは今後さらに進化します。
posted by embrace at 23:29| Comment(0) | 日記

2011年07月15日

weekend lunch menu

7月16日(土)・17日(日)のランチは

前菜
 長崎産アラのマリネと富里スイカのガスパチョ
or
 牛ホホとミノの煮込みと間引きゴボウのキッシュ

パスタ
 スパゲッティーニ
  和歌山産太刀魚とレタス、ミョウガダケのソース
or
 フジッリ
  大山鶏手羽とちりめんキャベツのラグーソース 実山椒の香り    

デザート(+300円)
 山梅とアーモンドのタルト
 すもものクレームブリュレ


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認くださいませ。

18日(祝)のランチメニューは追ってお知らせさせていただきます。

3連休です。
明日のことも明後日のことも気にせずゆっくりワインでボリュームランチを。
posted by embrace at 13:42| Comment(0) | お知らせ

2011年07月14日

由良の赤ウニ

無添加でミョウバンを使用していない新鮮な由良の赤ウニ。
手を加えずとも十分贅沢な逸品ですが、
embraceでは、本来の上品なおいしさを損なわないよう
脇役たちとのバランスを十分に考えて丁寧に仕上げる冷製パスタ、カッペリーニで。
冷えたシャンパンにこの一皿、まさに夏の贅沢の極みです。

 DSCF3741.JPG

またたく間に売り切れてしまいますので、どうぞお早めに。
posted by embrace at 23:58| Comment(0) | 日記

2011年07月12日

出会いの法則

科学の進歩は「神秘」とか「奇跡」とか「未知」と思われた夢を
壊していくような気がしてならなかったけれど、実はそうでもないのかな、と思う今日この頃。

「世界のどこかの見ず知らずの誰かに会いたいと思ったら6人を介せば辿りつける」
という法則を耳にしたことがあります。
けれど、もしかすると今や6人も介す必要がないのでは?

フェイスブックやツイッター、メールやブログのリンクによって
あらゆる人と人が繋がる可能性をもち
ネットワークを拡げ、コミュニケーションを交わす。
70億人の住む世界は実は果てしなく狭い、のかもしれない。
となると、それ自体が「神秘」であり「奇跡」、なのかもしれない。

それでも、基本は現実の世界の「私」と「誰か」、その関係、その歴史。
日々毎日、ここでこうしてお客様にまた会える、
その喜びにはどんな説明も法則もいらない、と私はやはり思うのです。

   DSCF3717.JPG

明日水曜日は、定休日のためお休みです。
posted by embrace at 23:41| Comment(0) | 日記

2011年07月11日

豚でチャージ

抜けるような青い空と白い入道雲。
今日も大きな太陽が容赦なく夏を焦がします。

この週末も暑い中、多くの方に足を運んでいただきありがとうございました。
お席をご用意できなかったお客様にお詫び申し上げます。

昨日のランチに、見るからに夏バテの様子でいらしたお客様、
「スタミナをつけなくちゃと思って」と
豚肉、夏野菜、にんにくが採れるメニューを迷わずチョイス。
きりっと冷えた白ワインもチャージし、帰るときには
白く硬かった表情がピンク色の笑顔に取って代わりました。よかった。

始まったばかりの夏。
カラダが暑さについてゆけないこの時期こそエネルギー補給が必要です。
それならembraceでがっつりと豚。

「白金豚スペアリブと四元豚ソーセージの炭火焼き」

一皿に2種の豚を。
トマトやパプリカ、アーモンドや松の実で作る
スペイン、カタルーニャ地方で愛されるロメスコソースが食欲をそそります。

 DSCF3724.JPG
posted by embrace at 16:37| Comment(0) | 日記

2011年07月09日

スイカのガスパチョ

今朝、初蝉の声を聞きました。
何十回も過ごしてきた夏が、ふわっと甦るようなフシギな感覚に襲われます。
懐かしくて、目眩のするような感覚。
とにもかくにも、また夏が始まるのだ。暑い夏が。

 DSCF3722.JPG

embraceではスイカのガスパチョで夏を迎えます。
メロン、アメリカンチェリーに続き、さらに爽やかさに拘って。
色々なフルーツや野菜の風味が先に、
そして最後にあの独特なスイカの青い風味が拡がります。
posted by embrace at 23:53| Comment(0) | 日記

2011年07月08日

weekend lunch menu

7月9日(土)・10日(日)のランチは

前菜
 軽く炙った由良産ゴマサバと新じゃがのトルティージャ
or
 イベリコ豚タンとヒヨコ豆、緑茄子のキッシュ

パスタ
 スパゲッティーニ
  石川産イワシのポルペッティーニ シチリア風
or
 フジッリ
  四元豚とズッキーニ、焦がしにんにくのアラビア−タ    

デザート(+300円)
 山梅とナッツのタルト
 有馬のすもものクレームブリュレ


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認くださいませ。

え?梅雨の中休みだと思っていたら、まさかの梅雨明け。
その言葉を聞いたとたん、さらに太陽が勇ましく見えてきました。
まずはビールでプハーッと。
posted by embrace at 14:09| Comment(0) | お知らせ

2011年07月07日

7月7日、雨。

   DSCF3706.JPG

「心で見なくちゃものごとはよく見えないってことさ
かんじんなことは目に見えないんだよ」
と王子さまは、忘れないようにくりかえしました

7月7日、七夕の今日に限って大粒の雨雨雨。
グレーに覆われた空を見ていたら、あまにり有名な「星の王子様」の言葉、
ふと思い出しました。

幸せは目に見えない、愛も見えない
尊さとか、感謝とか、祈りとか、絆とか、縁とか、夢とか、平和とか、
信じる気持ちも目に見えない。
けれど心にまっすぐ向き合えば、フシギといつか見えてくる輪郭。景色。
見えないのに見えているふりをするオトナにはそのかんじんなとこが見えないのです。
しかし哀しいことにオトナはそれがお得意なのだ。
posted by embrace at 17:03| Comment(0) | 日記

2011年07月05日

イタリアの微発泡

   DSCF3695.JPG

ランチタイムからイタリア人たちの喉を潤しているファランギーナ100%の微発泡ワイン、
FALANGHINA POMPEIANO VIVACE は
イタリア国外はもとよりカンパーニャ以外に出回ることさえめずらしいワイン。
柔らかな泡とミネラル感、柑橘の爽やかなアロマがカラダの中をすっと冷やしてくれる。
だから、南イタリアのこの季節には欠かせないのです。
長過ぎる梅雨の中休みもこれがあれば乗り越えられる、かも。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
posted by embrace at 23:43| Comment(0) | 日記

2011年07月03日

円熟の味わい

牛肉といえば、ピンクと白のきれいなサシが入った
霜降りのとろとろが高級美味!
とされてきたのは今は昔のこと。
赤身を寝かせた熟成肉の上質で繊細な甘み、凝縮した血の旨み、芳しい香り。

「熟成短角牛と初夏の野菜の炭火焼き ロメスコソース添え」

ダイスカットでその歯ごたえも楽しみます。

 DSCF3648.JPG

おいしい牛肉を食してきた者が辿りつく場所はそこでした。
posted by embrace at 23:52| Comment(0) | 日記

2011年07月02日

半夏生

   DSCF3598.JPG

暦の上では今日は半夏生でした。
この響きもまた日本が誇るべき美しい季節の言葉のひとつだと思います。

夏至から数えて11日目、
この頃までに田植えを済ませておかなければなりません。

関西ではこの半夏生にタコを食べる習慣があるのだとか。

明日からまた天気は下り坂。
足元、お気をつけてお越しくださいませ。
posted by embrace at 23:59| Comment(0) | 日記

2011年07月01日

weekend lunch menu

7月2日(土)・3日(日)のランチは

前菜
 琵琶湖の小鮎のフリットと熊本メロンのガスパチョ
or
 白金豚とアサリ、白インゲン豆のキッシュ

パスタ
 スパゲッティーニ
  鹿児島産フエフキダイのアーリオオーリオ ミョウガダケの香り
or
 フジッリ
  仔羊の燻製ソーセージとヒヨコ豆のラグーと揚げ茄子    

デザート(+300円)
 奄美の島バナナとナッツのタルト
 伊万里のすもものクレームブリュレ


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認くださいませ。

真夏のような暑さにヒーヒー言っている間に7月です。
この週末は梅雨のお天気が戻るそう。
posted by embrace at 14:08| Comment(0) | お知らせ