2011年12月31日

一年ありがとう。

前を向く、そんなことさえ困難となった今年一年。
人と人との繋がりや
天から地からの恵みに
心から感謝することをあらためて思う日々でした。

人生はたくさんの小さな恵みであふれています。
それにどれだけ気づけるかは
日々、どれだけ謙虚さをもって過ごせるか、だったのだと
気付かされた一年でもありました。

「謙虚」という言葉の語源は
ワイン造りにも重要な「腐葉土」“humilis”だそうです。
土に足をつけて立ち、毎日を生きる私たち、
新しい年は、心の土壌がさらに豊かなものになるよう
丁寧に丹念に耕していこうと思います。
心に花と風をまとって。
峠も嵐もふみこえて。

今日は感謝に眠ります。
明日は希望に目覚めるでしょう。

本年中は大変お世話になりました。
一昨年よりも昨年よりも、さらに多くの方々に出会えたこと、
とても嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。
どうぞよいお年をお迎えください。
embraceは年明け2日まで営業しております。
posted by embrace at 14:46| Comment(0) | 日記

2011年12月30日

1コ目の煩悩に

仕事納め、大掃除、
一年のすすを落として
晴れやかな笑い声でにぎわう店内でした。
明日にはもう除夜の鐘が響きます。
今年も108コの煩悩を落としたら、
懲りもせず、さて、新たな1コ目の欲は。
イタリア・トスカーナの名門、フレスコバルディ家と
カリフォルニアワインの父、ロバート・モンダヴィの
コラボレーションが産んだスーパー・トスカーナ。
ルーチェのセカンド、ルチェンテ。

  DSCF4912.JPG

新しく力強い光に満ちるしっかりボディです。
posted by embrace at 23:59| Comment(0) | 日記

2011年12月27日

食感のオノマトペ

日本語の食感に関するオノマトペ(擬音語や擬態語)は
中国語の3倍、英語の4倍もあるそうです。
日本人の豊かで繊細な感覚が生む「おいしさ」をめぐる言葉の数々。
女性が好むオノマトペは
ふわふわ、もっちり、ぷるん、さっくり、カリカリだそう。
どうりで人気なわけです。
アツアツの鱈の白子のムニエル。

 DSCF4890.JPG

明日水曜日は営業しております。
年内休まず、年始2日まで。お待ちしております。
posted by embrace at 23:52| Comment(0) | 日記

2011年12月25日

Merry Christmas!

朝から騒がしいほどの風の音、
クリスマス本番の今日はさらに寒い一日となりました。
そんなクリスマスホリデーを締めくくる今晩に
エリック・パスキエ熟成の2種のチーズをご用意しました。

チェダーの食感とスティルトンのオトナな苦み系、シャロプシャー・ブルー。
オーストリアのハーブをまぶしたシェーブル、ツィーゲン・ケーゼ・トルテ。

 DSCF4880.JPG

冬のチーズ。クリスマスの余韻。
どうしたってワインがすすんでしまうけれど、大丈夫。マグナムボトルですから。

   DSCF4884.JPG

           Merry Christmas!

  DSCF4710.JPG
posted by embrace at 16:08| Comment(0) | 日記

2011年12月24日

ホワイトクリスマスイブ

 11-ashiya-jack 275.jpg

北の各地ではホワイトクリスマスイブとなった今日。
白い息をはきながら背中を丸めて道行く人も
手には大きなケーキの箱を持って
あたたかな部屋の灯りへ急ぎます。

  DSCF4875.JPG

サンタも出番待つイブ、宵のうち、
embraceも長いクリスマスの夜を迎えるための準備は着々と。
posted by embrace at 16:29| Comment(0) | 日記

2011年12月23日

X'mas Holiday

クリスマスホリデーの始まりを祝うかのように
ちらちらと白い雪が風に乗って舞い降りました。
embraceも3度目のクリスマスを迎えます。

手打ちパスタ、カカオを練りこんだタリアテッレには
丹波篠山の猪と蓮根、ブラウンマッシュルームのラグーソースで。

  DSCF4869.JPG

熟成をかけた上州和牛イチボは炭火でゆっくり丁寧に焼いて
トリュフのソースでいただきます。

 DSCF4866.JPG

今年も普段着で、だけどほんのちょっとだけいつもよりも贅沢気分の夜を。
Have a happy Christmas holiday.
posted by embrace at 16:29| Comment(0) | 日記

2011年12月22日

weekend lunch menu

12月23日(金/祝)、24日(土)、25日(日)のランチは

前菜
 氷見産鰤の炙りと源助大根のサラダ、レモン風味
or
 大山鶏フォアグラといろいろキノコのキッシュ 

パスタ
 スパゲッティーニ
  銚子産スズキと焼き太ネギのソース、柚子の香り
or
 フジッリ
  白金豚とモツ、蓮根と金時人参のラグーソース

デザート(+300円)
 カカオを練りこんだミルフィユと金柑のコンポート
 花梨と生姜のパンナコッタ


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認くださいませ。

今日は冬至。
昔の人は、この日に「ん」のつくものをいただき
「運」がつくようにと願ったそうです。
源助ダイコン、レンコン、金時ニンジン、キンカン、カリン、そして白金トン。
幸呼ぶ縁起物で、楽しいクリスマスホリデーをお過ごしください。

posted by embrace at 14:31| Comment(0) | お知らせ

2011年12月20日

いちょうパウダー

寒々しい空の下、
いちょうの落ち葉でデコレーションされた街路樹が
なんだかすこし温かそうに見えました。

 DSCF4863.JPG

明日水曜日は定休日のためお休みです。
今年最後のお休みとなります。
22日(木)以降、年明け2日まで休まず営業しております。
お待ちしています。
posted by embrace at 16:35| Comment(0) | 日記

2011年12月18日

オトナのロールキャベツ

日ごと寒さが募るにつれて、葉野菜がどんどん甘くおいしくなっています。
そんな季節に食べないなんてもったいないので作りました。
短角牛ミンチとトリッパを入れた
オトナのロールキャベツ。

 DSCF4854.JPG

サイズちょっと大き目。
異なるいくつかの食感と
体の中から温まっていくシアワセ感を
ゆっくりじんわり味わうのにちょうどよい大きさです。
posted by embrace at 23:33| Comment(0) | 日記

2011年12月17日

冬ざれの一皿

フランス、ボース地方のどこかの森の奥深く羽ばたいていた山鳩を
内臓を傷つけないよう討ち落とし
大切に熟成させ
肉はもちろん、内臓も骨も血までも使いきって料理する。
ジビエ料理は、膨大な自然すべてをいただく料理です。
冬ざれの森に思いを馳せながら。

「山鳩のパイ包み焼き ポルト酒と実山椒のソース」

 DSCF4847.JPG

雪に氷に光に向かってゆく季節。
来週はクリスマス。
再来週はお正月。
posted by embrace at 23:59| Comment(0) | 日記

2011年12月16日

weekend lunch menu

12月17日(土)、18日(日)のランチは

前菜
 由良産カワハギと白ネギ、海老芋のキッシュ
or
 蝦夷鹿のスモークハムとヤーコン、青リンゴのサラダ 

パスタ
 スパゲッティーニ
  師走の由良の磯魚と白菜のソース、レモン風味
or
 フジッリ
  牛ホホとスジ、大浦太ゴボウのラグーとブラウンマッシュルーム

デザート(+300円)
 カカオを練りこんだミルフィユと金柑のコンポート
 ポレンタの温かいケーキ ラム酒とオレンジ風味


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認くださいませ。

寒い週末になるそうです。
あったかランチに赤ワインでも飲みながら
クリスマスの夜の予定でもゆっくり考えましょうか。
posted by embrace at 14:50| Comment(0) | お知らせ

2011年12月13日

冬の漁港へ。

12月、クリスマスを、年の瀬を楽しみに待つお客様から
オマカセのご予約を多く頂いています。
そんな華やぐディナーのテーブルにイメージを膨らませながら
今年最後の淡路由良漁港で、冬のとびっきりを仕入れてきます。
お休み明けをどうぞお楽しみに。

 DSCF4811.JPG

明日水曜日は定休日のためお休みです。
posted by embrace at 23:59| Comment(0) | 日記

2011年12月12日

ワインラベル

このワイン、最近流行りのイラストレーターの挿絵のようなスタイリッシュさにつられ
思わず“ジャケ買い”してしまいそう。

 DSCF4823.JPG

ボルドーのエチケットといえば、
ワインの名前に始まり、ヴィンテージ、生産者、格付け、品種、
容量、アルコール度数が明記されていて
フランスの古城が描かれていたり、誰かの名画が使われていたり。
そんな伝統的な特徴を一切無視してしまったようなエチケットですが
これもれっきとしたボルドーワインです。

  DSCF4825.JPG

「型をしっかり覚えた後に型破りになれる」

そう言ったのは歌舞伎役者、中村勘三郎だったはず。
ワインの世界も、守るべき伝統を誇りながら
楽しさを追求し創造してゆく時代なのですね。

12月の楽しいパーティーにはこんなポップな“ジャケ飲み”もアリかも。

 DSCF4822.JPG
posted by embrace at 23:50| Comment(0) | 日記

2011年12月11日

冬の黒トリュフ

昨晩、冷たい北風吹く帰り道、空を見上げながら歩きました。
紅い漆で塗られたような冬満月が
時間と共に静かに欠けゆく宇宙の神秘。
その周りで冬の星座はいつにも増してにぎやかに瞬き、降りそそぐ。
寒さも忘れたフシギな時間でした。

お皿の上に降るのは黒い花びら。
冬の黒トリュフの季節です。

 DSCF4819.JPG

卵黄を練りこんだ手切りの細麺、タヤリンに蝦夷鹿のラグーソース。
そこへ惜しみなく香りの花を降らせます。
あぁ、この香り。今年も冬がやってきた。
posted by embrace at 16:42| Comment(0) | 日記

2011年12月10日

今年も灯りました。

ピーンと張った冬の空気が芦屋の街にも降りてきたのを待って
embraceに、今年も温もりが灯りました。
それは、まさに寒さの中に咲く花。

   DSCF4792.JPG

amicaの生徒さんによる2度目の芦屋ジャック。
華やかなダリアのアレンジを駒田久子さん、
大きな扉を飾る林京子さん、駒田さん。
今年もありがとう。

高さ3mの扉の取り付けはお手伝い。

  DSCF4804.JPG

  amica jack.jpg

この冬も、灯りのゲートをくぐった先に
愉しいことがいっぱい待っています。
posted by embrace at 16:23| Comment(0) | 日記

2011年12月09日

weekend lunch menu

12月10日(土)、11日(日)のランチは

前菜
 長崎産イトヨと山本農園のニンジンのキッシュ グリーンレモンの香り 
or
 蝦夷鹿のソーセージと焼きリンゴのサラダ仕立て

パスタ
 スパゲッティーニ
  北海道産スケソウダラといろいろ大根のアラビアータ
or
 フジッリ
  丹後鴨と太葱のラグーソース 柚子風味

デザート(+300円)
 カカオを練りこんだミルフィユと金柑のコンポート
 ポレンタの温かいケーキ ラム酒とオレンジ風味


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認くださいませ。

青い空とピーンと張った冷たい空気、白い息。
久しぶりな気がします。
そんな12月の週末を歩くのもいいですね。
posted by embrace at 14:42| Comment(0) | お知らせ

2011年12月08日

12月のご予約

暦は大雪を迎え
1年も終わりに近づいてきたことを実感します。
忘年会やクリスマス会の多いこの季節。
12月は4名様以上のご予約が増えます。
アンブレイスはカウンターがメインのため
テーブル席、個室のご予約が早く埋まってしまい
ご迷惑をおかけしています。
お人数の多い場合はお早目のご予約をお願いいたします。

ご予算に応じ、お料理のオマカセも承っています。
お人数の多い場合はこちらをオススメしております。
お気軽にご相談ください。
お電話お待ちしています。

 DSCF4772.JPG

「フォアグラと焼きリンゴのミルフィユ仕立て」

   DSCF4779.JPG

「蝦夷鹿のロースト ベリーとポルト酒のソース」

ある日の6000円オマカセより。
posted by embrace at 23:55| Comment(0) | 日記

2011年12月06日

冬のワイン

寒い夜、しみじみと楽しみたい、
そんなワインが揃いました。
ジビエに合わせて。
冬のおすすめワイン3杯飲みくらべもぜひ。 

 DSCF4755.JPG

明日水曜日は定休日のためお休みです。
posted by embrace at 23:43| Comment(0) | 日記

2011年12月03日

フェイジョア

見たことがあるような、ないような。
食べたことがあるような、ないような。
日本ではあまり馴染みのない果実、フェイジョアは
ニュージーランドやカリフォルニア、オーストラリアなどで多く生産されています。

 DSCF4565.JPG

グアバのようにトロピカル。
パイナップルのように甘くてスィーティーのような爽やかで。
バナナのようにねっとりしていてナシのようにしゃきっとしていて。

なんと表現したらよいものか。
だけどそんなフルーツなんです。
posted by embrace at 15:27| Comment(0) | 日記

2011年12月02日

weekend lunch menu

12月3日(土)、4日(日)のランチは

前菜
 神奈川産イワシと太葱、ジャガイモのキッシュ 
or
 白金豚のスモークハムとフェイジョア、辛味大根のサラダ

パスタ
 スパゲッティーニ
  長崎産メダイと白菜のソース 柚子の香り
or
 フジッリ
  大山鶏と大浦太ゴボウのラグーソース

デザート(+300円)
 カカオを練りこんだミルフィユと焼きリンゴ
 グラニースミスのタルト 生姜風味


当日、売り切れにより、内容が一部変更になる場合、
また14時前に終了する場合がございます。
お手数ですが、14時近くご来店の際はお電話にてご確認くださいませ。

寒々しく12月らしいスタートを迎えました。
明日には雨も落ちてくるようです。
クロゼットの奥の手袋、帽子、冬のコート、出しましたか。
posted by embrace at 15:05| Comment(0) | お知らせ