2011年12月11日

冬の黒トリュフ

昨晩、冷たい北風吹く帰り道、空を見上げながら歩きました。
紅い漆で塗られたような冬満月が
時間と共に静かに欠けゆく宇宙の神秘。
その周りで冬の星座はいつにも増してにぎやかに瞬き、降りそそぐ。
寒さも忘れたフシギな時間でした。

お皿の上に降るのは黒い花びら。
冬の黒トリュフの季節です。

 DSCF4819.JPG

卵黄を練りこんだ手切りの細麺、タヤリンに蝦夷鹿のラグーソース。
そこへ惜しみなく香りの花を降らせます。
あぁ、この香り。今年も冬がやってきた。
posted by embrace at 16:42| Comment(0) | 日記