2011年12月12日

ワインラベル

このワイン、最近流行りのイラストレーターの挿絵のようなスタイリッシュさにつられ
思わず“ジャケ買い”してしまいそう。

 DSCF4823.JPG

ボルドーのエチケットといえば、
ワインの名前に始まり、ヴィンテージ、生産者、格付け、品種、
容量、アルコール度数が明記されていて
フランスの古城が描かれていたり、誰かの名画が使われていたり。
そんな伝統的な特徴を一切無視してしまったようなエチケットですが
これもれっきとしたボルドーワインです。

  DSCF4825.JPG

「型をしっかり覚えた後に型破りになれる」

そう言ったのは歌舞伎役者、中村勘三郎だったはず。
ワインの世界も、守るべき伝統を誇りながら
楽しさを追求し創造してゆく時代なのですね。

12月の楽しいパーティーにはこんなポップな“ジャケ飲み”もアリかも。

 DSCF4822.JPG
posted by embrace at 23:50| Comment(0) | 日記