2017年05月11日

淡竹が旬です

1ヶ月を上旬、中旬、下旬と区切るように”旬”とは「十日間」を意味します。
「筍」が竹冠に旬と書くのは
筍が土から顔を出して十日もすれば竹になってしまうからなのだとか。
けれども、春の訪れと共に出てくる筍、
いわゆる「孟宗竹(もうそうちく)」の旬が終わってしまえば
次は「淡竹(はちく)」の出番です。
えぐみやアクが少なく、ほんのり甘くて、
淡竹のほうが実は人気があるのもわかります。

 DSC03081a.JPG

「三重産トリ貝と淡竹のソテー」
ふたつの異なる食感に、バジルを使ったハーブのソース。
ワインがすすむ前菜です。

 IMG_5937.jpg

posted by embrace at 14:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。