2018年05月15日

土用の丑を待てなくて

初夏を思わせるような汗ばむ陽気が続きます。
人の脳は単純で、ほんの少し夏を感じただけで
あのウナギの香ばしいタレの匂いが思い出されたりするものです。
土用の丑はまだまだ先というのに。

 IMG_1005 (002).jpg

香ばしく焼いたうなぎは
甘夏とコリアンダーを使った
甘みと酸みとコクのガストリックソースを絡ませます。

米茄子、キヌアでお皿に食感をプラスして
パプリカとビーツ二種のソースでテイストをプラスして。

一皿で土用の丑より楽しい鰻です。

posted by embrace at 23:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。