2010年12月04日

草木の旬

 DSCF2056.JPG DSCF2053.JPG

冬の明るい日射しにルビーのように赤く輝く核葛。
つるからとれる液を整髪料につかったことから
「美男葛」という別名ももち、多く歌にも詠われます。

 玉くしげ みむろの山の さなかずら
 さ寝ずはつひに ありかつましじ (万葉集)

鮮やかな赤い色、触れたくなるほどの艶やかさを連想したり。

けれど、華やかに咲き誇るだけが旬ではないと
教えてくれたのはこの紅葉した雪柳。

   DSCF1997.JPG

これが早春に無数の白い宝石を噴きあげていたあの雪柳だなんて。
今は誰の目にも留まらないかもしないけれど
色を変え姿を変えたこの雪柳の旬はまぎれもなく今。
そのときその美しさを美しいと思う人が旬とよぶ。

旬を運んでくれるamicaさんの企画で、embraceは今年のクリスマスを迎えます。
posted by embrace at 23:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。