2017年07月20日

夏のテリーヌ

 IMG_6680.JPG
鳴尾御影線の欅並木からシャワーのように降り注ぐ蝉時雨。
そんな夏の音の雨に打たれながら、3種の茄子のテリーヌを作りました。
神戸西区の農家さんの"あいみのり"は揚げ茄子に。
神戸北区の緑茄子は焼き水晶に。
そして神戸三田の水茄子。
トマトジュレと合わせて喉越しのよい前菜に。
オリーブとトマトのソースで爽やかに仕上げます。
地元の夏の恵みに感謝して。

posted by embrace at 16:29| Comment(0) | 日記

2017年07月13日

茶豆のクレームブリュレ

日に日に暑さが増して、歩いても止まってもひたすら風を待つ。
涼をとるにも冷たいものばかり食べてもいられないし
せめて涼やかなメニューを、と、作りました。
「三田産茶豆のクレームブリュレ」

 IMG_6580.jpg

茶豆特有の香ばしさと、やさしい甘さを引き立てる塩味を感じます。
表面をカリッとキャラメリゼして、フレンチキャビアを添えて。

posted by embrace at 23:57| Comment(0) | 日記

2017年07月11日

シアワセの蜂

 DSC03185.JPG

フランスでは、蜂は幸運をもたらしてくれるという。
何が「幸せ」かって朝に夕に考えるけれど
とりあえず今は
ジトジトジメジメのない場所へ行けたらそれが幸せかも。
なんて思いながら蜂を眺めて飲む時間。
意外と幸せ。

posted by embrace at 23:57| Comment(0) | 日記

2017年07月10日

和スイーツ風

 IMG_6541.jpg

プルプルというよりモチモチ。
豆乳のブラマンジェ。
枝豆で作るソースを合わせます。
これはまるでずんだ餡。
やさしい食感、やさしい喉越し、やさしい甘さに仕上げました。
日本の夏のデザート風。

posted by embrace at 23:49| Comment(0) | 日記

2017年07月04日

サワラとハーブと白ワイン

台風が日本列島を横断しています。
生ぬるくじめじめした空気に気持ちも下を向くような一日は
冷えた白ワインで気持ちをリセットして終えたいもの。

 DSC03170.JPG

香ばしくソテーした鰆を
バジルやディルなどのたっぷりハーブでサラダ仕立てにした一皿をお供に。

posted by embrace at 13:26| Comment(0) | 日記

2017年07月03日

きむらあつき

きれいな歌詞が飾られた歌は世の中、万と溢れているけれど
飾らない本音を並べているだけのにこんなに愛あるブルースはそんなにない。
大阪が世界に誇る「天使のだみ声」がEmbraceにやってきた夜。

 d0131804_22435961.jpg

喋り、呑み、喋り、歌い、また呑む。
つられたかのように、お客様もワインよりもバーボンが飲みたくなる。
笑い、呑み、笑い、聴き、また呑む。

「店に気持ち感じるわ」とふざけたように言ってくださった、
その「気持ち」が木村充揮のすべてなんだろうなぁと。

 IMG_6471.jpg

熱い暑い時間を一緒に楽しんでくださった皆々様に心から感謝いたします。

多くのお客様に告知できぬままお席が埋まってしまいました。
お席がご用意できなかった方々にはお詫び申し上げます。

またここで木村充揮に会えることを、愛溢れるだみ声を聴くことを
楽しみにしていてください。

posted by embrace at 23:20| Comment(0) | 日記

2017年06月27日

イワシの冷製パスタ

夏至過ぎたるもいまだ日は長きに。
この蒸し暑さはまだまだ暑さの序章でしかないのかと
思うにつけ気が滅入る思いです。
そんな重い思いを軽くする冷製パスタ。
「イワシとシェーブルチーズのカッペリーニ」

 IMG_6436.jpg

イワシをディルとセージでマリネして香りをうつし
一晩かけて透明にするトマト水ジュレとで仕上げます。
気持ちがクリアになってゆくような暑い季節を迎えるメニューです。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
明後日木曜日以降、お会いできるのを楽しみにお待ちしております。

posted by embrace at 14:01| Comment(0) | 日記

2017年06月26日

鰹の瞬燻

 IMG_6434.jpg

鰹の季節もそろそろおしまい。
オーダー頂いてから瞬間燻製します。
晴れたり降ったりすっきりしないお天気に
スモークの香りとホワイトバルサミコの風味が食欲をそそります。
ワインがすすみます。

posted by embrace at 16:12| Comment(0) | 日記

2017年06月20日

雨の日には雨の日の。

人間というのはわがままな生き物で
雨が降らなければ心配で
雨が降るとなれば憂鬱で。
明日は久しぶりの大雨の予報。

wine.jpg

明日水曜日は定休日のためお休みです。
お休み明けには、こんなワインを。

posted by embrace at 23:57| Comment(0) | 日記

2017年06月19日

ヒュメドポワソン

 DSC03139.JPG

甘鯛でお出汁を取ります。
静かにコトコト。
ドーナッツ型の卵白の真ん中の澄んだスープが
料理を美味しくするに欠かせない言わずと知れた名脇役です。

posted by embrace at 16:32| Comment(0) | 日記

2017年06月15日

web予約

 DSC03142.JPG

梅雨とは名ばかり。
陽は長く、お店がオープンしてもなお明るい空は、
雨の心配どころか、徐々に配色を変えてゆく空のグラデーションが気になる毎日。

web予約が可能となりました。
facebookからは『予約する✐』ボタンからお入りください。
HP→Access欄からもご予約いただけるようになる予定です。
お料理のコースのオマカセをご希望の際は、
細かいご希望やアレルギーの有無等、お電話にてご相談くださいませ。
よろしくお願いいたします。

posted by embrace at 23:57| Comment(0) | 日記

2017年06月13日

ガスパチョ

山笑う。
本当は春の山を言う言葉なので、少し遅いかなとも思いますが
今日の山はどう見ても爽やかに笑ってる。

embraceは今年もまた冷製スープ、ガスパチョの季節です。
しばらく白桃のガスパチョをお楽しみいただいていましたが
今度はまたアメリカンチェリー。
アメリカンチェリーの独特な甘さと
パプリカやタマネギの野菜の甘さが
トロリと喉を潤します。

 DSC09886a (2).JPG

梅雨をも忘れる一日になりそうです。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
明後日木曜日以降、お会いできるのを楽しみにお待ちしております。

posted by embrace at 12:06| Comment(0) | 日記

2017年06月11日

mon.tue STAUB LUNCH MENU

6月12日(月)・13日(火)のSTAUBランチメニューは

entree
 前菜3種盛り合わせ
  ・白桃のガスパチョ
  ・三重産青柳と丸ズッキーニのキッシュ
  ・白金豚のパテ・ド・カンパーニュ

main
 お野菜が主役の季節のお野菜と白糠酪恵舎のチーズのストウブ
  本日のお肉 or 魚介入り(+540)
 岩手短角牛ソーセージor淡路由良産鱧のポワレ をご用意しています

dessert
 豆乳とバジルシードのブラマンジェ マンゴーのソース
or
 あまおう苺とマスカルポーネのタルト

お待ちしています。

posted by embrace at 23:38| Comment(0) | 日記

2017年06月08日

恵みの雨

紫陽花がにわかに色づいて、梅雨入りとなりました。

 DSC03114.JPG

とあるディナーイベントのメイン料理。
乳飲み仔牛のカツレツをバーガーに仕立てました。
柔らかな果肉の赤茄子、びっくりするほど大きな椎茸、天恵磨iてんけいこ)、
ヤングコーンにアスペルジュソヴァージュ、トマト、
白糠酪恵舎のチーズ、そしてトリュフ。

穀物や野菜がおいしくなるために欠かせない恵みの雨降る6月に感謝して。

posted by embrace at 15:14| Comment(0) | 日記

2017年06月06日

自家製ハム

 DSC03127.JPG

白金豚で作るハム。
おいしさと安心に必要なものだけでできています。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
明後日木曜日以降、お会いできるのを楽しみにしております。

posted by embrace at 15:51| Comment(0) | 日記

2017年06月03日

パープルクイーン

 DSC03099.JPG

紫色に染まった紀州の小梅、パープルクイーン。
耳の近くが一瞬キュッとくる甘酸っぱいソースにして
瞬間燻製したカツオに添えます。

”梅”の字見て梅雨を思う6月です。

posted by embrace at 15:03| Comment(0) | 日記

2017年05月30日

未知なる娯楽

グラバー邸のアコーディオン
それは幕末維新を駆け抜け
グラバーからその子富三郎へと受け継がれた
今宵、アコーディオンの音色と共に
知られざる物語がよみがえる

 DSC03118.JPG

きちんと講談を聞いたのは実は初めてのこと。
「見てきたような嘘をつく」のが講談と玉田さん。
リズミカルな語りの妙味。
まさに話芸のマジック。
そこに、あたかも背景を描く如くアコーディオンが伴奏し、
シャンパンも日本酒も全て相まって
タイムスリップしたような不思議な心地良さでありました。
まだまだ未知なる素晴らしい娯楽があるものだと気付かされた夜でした。

かとうかなこさん、玉田玉秀斎さん、
一緒に愉しんでくださった皆々さまに心から感謝いたします。

次なるイベントは7月1日(土)。
憂歌団ヴォーカル、木村充揮がEmbraceにやってきます!
詳細は追って。

posted by embrace at 16:43| Comment(0) | 日記

2017年05月25日

 DSC03090 (2).JPG

桃はバラ科の植物です。
どうりで。
幸せな気持ちになるこの香り、
含まれる香り成分に、幸せ感じる科学的根拠もあるのだそう。

「白桃のガスパチョ」を仕込んでいます。
お料理教室でも作ります。
明日のお料理教室、まだお席ご用意できます。

posted by embrace at 15:45| Comment(0) | 日記

2017年05月23日

脇役にときめく

 DSC03087.JPG

お皿が運ばれてきたときにそれがあると心と目がときめく。
お皿の上のお料理を口したときにそれがあると食感と香りにときめきを増す。
そんな名脇役を担う野菜を手にとった時、ときめかずにはいられない私。

さや大根は、シャキッとした心地よい歯触り、
噛むと確かに大根のピリッとした辛みと香り。
マイクロラレシは、小さな小さなラディッシュです。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
明後日木曜日以降、お会いできるのを楽しみにしております。

posted by embrace at 15:47| Comment(0) | 日記

2017年05月22日

アスペルジュソヴァージュ

 DSC09584 (2).JPG

アスペルジュソヴァージュが今年もまた届きました。
ケヤキの緑が濃くなってくると、
そろそろアレが届く頃だなぁ、と思う。
ホワイトアスパラガスからアスペルジュソヴァージュへ。
春から夏へ。

 IMG_6039.jpg

平日の昼下がり、冷えた白ワインでも飲みながら
”初もの”、味見してみてください。

posted by embrace at 15:22| Comment(0) | 日記

2017年05月16日

サクラマス

 DSC03072.JPG

山地の渓流で生まれた稚魚がいつの日か大海原へと回遊し
脂肪をたっぷりと蓄えたサクラマス。
実は、その蓄え、秋に生まれ故郷の川へ帰る長旅に備えての栄養補給というから
ちょっとかわいそうな気もします。
とはいえ、繊細な身質、程良い脂。
春の鱒は美しくおいしい。
瞬間燻製してお楽しみいただきます。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
明後日木曜日以降、お会いできるのを楽しみにしております。

posted by embrace at 16:34| Comment(0) | 日記

2017年05月15日

由比の桜エビ

 DSC03075.JPG

立夏。
今年も駿河湾、由比から海の宝石が届きました。
年に2回、わずかな期間しか獲れないサクラエビ。
暦は足早にどんどん巡っていきます。
どうぞ旬を逃すことなくお楽しみください。
パスタで、キッシュで。

posted by embrace at 15:48| Comment(0) | 日記

2017年05月11日

淡竹が旬です

1ヶ月を上旬、中旬、下旬と区切るように”旬”とは「十日間」を意味します。
「筍」が竹冠に旬と書くのは
筍が土から顔を出して十日もすれば竹になってしまうからなのだとか。
けれども、春の訪れと共に出てくる筍、
いわゆる「孟宗竹(もうそうちく)」の旬が終わってしまえば
次は「淡竹(はちく)」の出番です。
えぐみやアクが少なく、ほんのり甘くて、
淡竹のほうが実は人気があるのもわかります。

 DSC03081a.JPG

「三重産トリ貝と淡竹のソテー」
ふたつの異なる食感に、バジルを使ったハーブのソース。
ワインがすすむ前菜です。

 IMG_5937.jpg

posted by embrace at 14:57| Comment(0) | 日記

2017年05月09日

こだわり豆乳のブラマンジェ

仕入れに通う市場の中にあるお豆腐屋さん、
納得いくものができなかった時は売らないという。
そのこだわり豆腐屋の大将の、濃厚でなめらかな豆乳で作ったブラマンジェ。
「豆乳とバジルシードのブラマンジェ マンゴーのソース」

 DSC03066.JPG

明日水曜日は定休日のためお休みです。
明後日木曜日以降、お会いできるのを楽しみにお待ちしております。

posted by embrace at 13:29| Comment(0) | 日記

2017年05月06日

GWも終わります

街の中も、道行く人も、お客様も、
昨日とは打って変わって日常に戻った雰囲気漂う今日。
この連休は、一足早い”母の日”も多かったようで
家族揃ってのお食事に
「いつもありがとう」の声を聞きました。

 DSC03057.JPG

いいお天気に恵まれて忙しく楽しかった連休の
クールダウンにぴったりなワイン揃えてお待ちしています。

posted by embrace at 12:53| Comment(0) | 日記

2017年05月03日

#萌え断

インスタグラムから「萌え断」というワードが生まれ拡がっています。
食べ物を切ったときに現れる断面にときめくこと。
なるほど、いろんな言葉が生まれるものです。流行るものです。
そんな”くくり”を意識する以前も、確かにときめいてはいました。
自分で作った断面に。
だけど、あらためてそんな言葉で料理を楽しむ遊び心っていいのかも。

 DSC03050 (2).JPG

#萌え断のテリーヌです。
「焼き茄子とパプリカのテリーヌ」
金目、浅利、昆布の出汁から作るジュレ、
そして焼き茄子とパプリカとトマトと蕨。
白ワインと合わせればさらにときめくはず。

posted by embrace at 15:37| Comment(0) | 日記

2017年05月02日

holiday lunch menu

5月3日(水)・4日(木)・5日(金)3日間の祝日ランチメニューは

前菜
 富山産イワシと新じゃがのキッシュ
or
 岩手白金豚のソーセージ

パスタ
 スパゲッティーニ
  島根産ブリのコンフィとプチトマトのソース
or
 フジローニ
  大山地鶏とこごみのソース

デザート(+320円)
 清見オレンジとマスカルポーネのタルト
 ティラミス


いよいよGW本番。
まずはこのメニューからスタートです。
3連休中、メニュー内容は、売り切れ次第、変更になることがございます。
予めご了承くださいませ。
お待ちしております。

posted by embrace at 15:17| Comment(0) | 日記

2017年04月29日

なんだか。

GWなんだかGWではないんだか。
晴れなんだか雨なんだか。
忙しいんだかのんびりなんだか。
そんな今日。

 teramis.jpg

さて、これは一体何になるんだか。
正解を楽しみにいらしてください。
お待ちしています。

5/1(月)は定休日振替のためお休みさせていただきます。
5/3(水)は営業いたします。

posted by embrace at 23:54| Comment(0) | 日記

2017年04月25日

春告げ魚

 DSC03015.JPG

白く透き通った小さな体の中に、陰のような模様が葵の紋に似ていることから
献上品として江戸の将軍様の口に上ったという白魚。
数人の警護がついて運ばれたというから、小魚ながら大した出世魚です。

食材たちが次々と春を告げにきてくれます。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
明後日木曜日以降、お会いできるのを楽しみにしております。

posted by embrace at 14:50| Comment(0) | 日記

2017年04月24日

緑のテリーヌ

ここ数日、みるみるうちに景色は変わり、
見上げれば繁々と空を覆うケヤキの新緑が
サワサワと音を立てて揺れています。
こんなに心地よい季節がいつまでもいつまでも続けばいいのに、
と思いながら作る緑のテリーヌ。

 DSC03025.JPG

合馬の筍、蕨、野蒜、雁足、土筆、花独活、うるい、壬生菜の菜花。
日本が誇る美しい名の山菜たちを詰め込んで。

posted by embrace at 23:55| Comment(0) | 日記

2017年04月22日

GW営業日のご案内

見上げると
いつの間にケヤキ並木の緑濃く。
そして始まりますね、GW。
営業日のご案内です。

2017GW.jpg

土日祝日はweekend lunch です。
平日の月・火はSTAUB lunch です。
4/27(木)、28(金)はディナーのみの営業です。
5/1(月)は定休日振替のためお休みさせていただきます。
5/3(水)は営業いたします。

テーブル席が少ないため、お人数の多い方はお早目にご予約くださいませ。

定休日 水曜日
営業時間
17:00〜23:00(LO)
月火土日祝
11:30〜14:00(LO)
17:00〜23:00(LO)

ご不明な点、ご予約、お問い合わせはお電話にて承っております。
tel 0797-57-1488

皆さまのお越しをお待ちしております。

posted by embrace at 14:40| Comment(0) | 日記

2017年04月17日

桜をもう少し。

 DSC03018.JPG

外は春の嵐。
季節が移りゆくときに雨はつきもの。
桜の花びらが舞い散るその陰でひっそりと力蓄えている新緑たちが出番を待ちます。
さて、あと少しだけ、桜の名残を楽しみますか。
春の香りのロゼワイン。

明日18日(火)ディナーは貸切となっております
誠に勝手ながら予めご了承ください。

posted by embrace at 23:50| Comment(0) | 日記

2017年04月11日

乳飲み仔牛

菜の花の咲く今頃にしとしと降る長雨を「菜種梅雨」いうそうです。
梅雨というじめじめとしたマイナスなイメージも
春の花と結びつくと少し明るく感じるからフシギです。
雨景色の向こうに春が透けて見える気がします。

 DSC02980.JPG

「ラングドッグ産乳飲み仔牛 蕗の薹風味のポートワインソース」
ミルキーな仔牛に、ほのかな春の苦味のソースを合わせて。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
明後日木曜日以降、お会いできるのを楽しみにしています。

posted by embrace at 13:30| Comment(0) | 日記

2017年04月10日

アリヤマな最高の時間

 DSC02996.JPG

音楽の達人であり奇才。
その音、その声、その空気は相も変わらず恰好良すぎるアリヤマワールドでした。
容易に表現できない恰好良さ。
とても深く、とても優しく。

 DSC02984.JPG

花散らしの雨降る中お越し頂き、
一緒に楽しんでくださった皆さまに心から感謝いたします。

posted by embrace at 16:12| Comment(0) | 日記

2017年04月06日

アコーディオン×講談

  グラバー邸のアコーディオン
  それは幕末維新を駆け抜け
  グラバーからその子富三郎へと受け継がれた
  今宵、アコーディオンの音色と共に
  知られざる物語がよみがえる

 2shot.jpg

Embraceではお馴染みのアコーディオン奏者かとうかなこさんと
講談師玉田玉秀斎さんが異色のコラボレーション。
玉田玉秀斎書き下ろしの「グラバーの愛したアコーディオン」と題する講談に
かとうかなこがオリジナル曲を合わせます。
心地良いリズムの語り口が定評の玉田さんとアコーディオンの音色。
さてどんな舞台が繰り広げられるのか。
Embraceのディナー、シャンパンと共にお楽しみ頂きます。

かとうかなこ <アコーディオン> × 玉田玉秀斎 <講談> ディナーライブ
『グラバーの愛したアコーディオン』

◇5月27日(土)18:30〜
◇11000円(税別)シャンパン+ディナー+ライブ
※当日のお支払は現金のみとなります。ご了承ください。

お席に限りがございますので、お早目にお申込み、お問い合わせください。
0797-57-1488 ヤマグチ

::::::::::::::::::::::::::::
アコーディオン奏者 かとうかなこ
4歳からアコーディオンを始める。17歳にしてコンクール総合優勝を果たす。高校卒業後フランスに渡り4年の留学中「全仏コンクール」で第1位を獲得。帰国後全国でコンサート活動し、多くのテレビ番組で取り上げられている。自らの感情を委ねるように、蛇腹と呼吸を合わせながら風景の浮かぶ演奏を続けている。
80歳を過ぎても演奏し続ける事が目標。

講談師 たまだぎょくしゅうさい
ロータリー青少年留学生としてスウェーデンに留学。そこで日本に興味をもち、司法浪人生時代に講談に出会う。24歳で現四代目南陵に入門し、旭堂南陽として外国語講談や音楽コラボ講談に取り組む。昨年、南陽改め四代目玉田玉秀斎を襲名。「講談をエンターテインメントにする」をモットーに日々精進。聞くと思わずのってくる心地良いリズムの語り口が特徴。
::::::::::::::::::::::::::::

posted by embrace at 16:14| Comment(0) | 日記

2017年04月04日

SAKURA

暦は清明を迎え、桜の花がうららかに景色を彩り始めました。
まさに清らかに明るい、春らんまんのとき。
巣立ちや旅立ちの季節、希望という言葉がよく似合う。

 DSC02971 (2).JPG

いやがおうでもわいてくる幸せな気持ちを乾杯するなら
その名もSAKURAという名のロゼ。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
明後日木曜日以降、お会いできるのを楽しみにお待ちしています。

*本日ディナーはクレジット決済がご使用頂けません。
誠に勝手ながら予めご了承ください。

posted by embrace at 15:22| Comment(0) | 日記

2017年04月03日

日本の春を盛る

 DSC02955.JPG

蛤、筍、蓬、土筆、甘草、うるい。
日本の春。
Embraceの隣、宮塚公園の桜も、次々にほころび始め
今週末には見ごろを迎えそう。

posted by embrace at 16:43| Comment(0) | 日記

2017年04月01日

新年度

これはエイプリルフールの仕業か、4月というのに相変わらずの肌寒さ。
桜は咲かずとも、新入生やフレッシュマンは初心と好奇心の花開く新年度です。

 DSCF2987.jpg

土筆の子も恥ずかし気に顏を出しました。
春の食材がたくさんメニューに並びます。
桜偵察のあとはどうぞ温まりにお寄りください。

posted by embrace at 15:22| Comment(0) | 日記

2017年03月30日

阪神手帖

阪神電車でゆく、小さなまち旅。
フリーペーパー「ホッと!HANSHIN3月号」と
その保存版として発売中の「阪神手帖」に
Embraceが掲載されています。
本屋さんで、街で、阪神電車の駅で見かけたら
よかったら手に取ってみてください。

 DSC02968.JPG

今週末は芦屋の桜祭り。
満開の桜を見上げることはできなそうですが
春を探す小さなまち旅に出かけませんか。

posted by embrace at 16:38| Comment(0) | 日記

2017年03月28日

ムシカリ

 DSC02961.JPG

春も盛りには紫陽花に似た白い花を咲かせ
秋にはガマズミのような小さな赤い実をつける
その姿は可憐で可愛らしいムシカリです。
ですが、花芽が膨らみ始めるこのわずかな期間だけに見られる
ウサギの耳のような二枚の葉をつけた枝。
とても地味ではあるけれど、
この姿がなぜかたまならく可愛くて
私にとってムシカリといえばこの季節のこの姿。
木々も花も、ヒトもどんな事象も、
必ずしもその最盛期だけでなく、移ろい変化してゆく過程の中に
小さな気づき、その楽しみや喜びやクスリと笑える幸せがある気がします。

さて、もうじき新年度。

明日水曜日は定休日のためお休みです。
明後日木曜日以降、お会いできるのを楽しみにお待ちしております。

posted by embrace at 14:21| Comment(0) | 日記