2018年03月19日

春の川魚

こぶしも濡れる春の雨。
寒い一日になりました。

ヤマメによく似たアマゴ。
サケ目サケ科のお魚ですが、海に出ることなく
河川で生活する川魚です。

 IMG_9879.jpg

渓流に鮮やかな朱点をまとった
美しいアマゴが跳ねる季節。
寒い日もあるけれどちゃんと春はやってきているよ、
と告げにきてくれました。

コンフィにします。
ふんわりとした軽い食感に驚きます。
もちろん骨までまるごと。

21日(水)はランチ・ディナー共に営業しております。

posted by embrace at 16:07| Comment(0) | 日記

2018年03月16日

weekend lunch menu

3月17日(土)・18日(日)のランチメニューは

前菜
 北海道産ニシンと高菜のキッシュ
or
 播州地鶏とセリのサラダ

パスタ
 スパゲッティーニ
  伊勢産青柳と新玉葱、萱草のソース
or
 フジローニ
  丹波猪とターツァイのラグーソース

デザート(+350円)
 ピスタチオのガトーショコラ
 苺のミルフィーユ


メニュー内容は、売り切れ次第、変更になることがございます。
予めご了承ください。

春へ向かう途中、風邪が流行っています。
三寒四温、衣替えはもう少し先にして、
まずは美味しいランチから。
お待ちしています。

posted by embrace at 12:50| Comment(0) | 日記

2018年03月13日

Todd 来たる。

春近し。
遠方より友来たる。

アメリカを拠点に、世界のショービジネス界で活躍する友人、
Todd Schroeder のディナーライブ。
USJのライブ・パフォーマンスショーの音楽、
ヴォーカルディレクターをも任される多忙の中、
Embraceに最高の音楽を届けにきてくれました。

 IMG_9784 (002).jpg

ピアノの前に座り、音を放ったその瞬間からToddの世界。
陽気なピアニスト。
ピアノを心から愛する天才エンターテイナー。

 IMG_9788 (002).jpg

 IMG_9810 (002).jpg

ブリトニー・スピアーズのバックシンガーでもあるMichael Sharman.
ヴァイオリンを自在に操るPeter Vawter.
そして、アコースティックギターで世界最高峰の一つとされる
米国のコンテストでトップ5の木村モモも飛び入りセッション。

 IMG_9817 (002).jpg

最初から最後まで最高に美味しいメイン料理が運ばれてきたような
キモチもオナカをも満たす幸せな時間でした。

一緒に楽しんでくださった皆様に心から感謝いたします。
また来年、再び必ずこの場所で。

posted by embrace at 12:59| Comment(0) | 日記

2018年03月11日

mon.tue STAUB LUNCH MENU

3月12日(月)・13日(火)のSTAUBランチメニューは

entree
 前菜3種盛り合わせ
  ・メロンのガスパチョ(冷製スープ)
  ・北海道産ニシンと高菜のキッシュ
  ・岩手白金豚のパテ

main
 お野菜が主役の季節のお野菜と白糠酪恵舎のチーズのストウブ
  本日のお肉 or 魚介入り(+500)
 岩手雫石牛ローストorトリ貝のハーブ風味をご用意しています

dessert
 ピスタチオのガトーショコラ
or
 苺のミルフィーユ

お待ちしています。

posted by embrace at 23:00| Comment(0) | 日記

2018年03月05日

赤いサラダ

 IMG_9504 (002).jpg

鰹節でマリネした気仙沼産カツオを赤い仲間たちが盛り立てます。
ビーツ、赤タマネギ、トレビス、マイクロトマト、赤キヌア。
フランボワーズヴィネガーとバルサミコのやさしい酸味。
雨降りのスッキリしないこんな日に
目にも口にもカラダにもちょっとうれしいサラダです。

posted by embrace at 15:31| Comment(0) | 日記

2018年03月03日

本日ディナーは貸切です。

 IMG_9491 (002).jpg

やわらかな陽射しに包まれる桃の節句。
まだ土の香りがするお野菜が届きました。

リーキ(西洋ネギ)はコンフィに。
セロリアク(根セロリ)はピュレに。
野菜の甘みがおいしい季節です。

本日ディナーは貸切です。
勝手ながら予めご了承ください。

posted by embrace at 12:55| Comment(0) | 日記

2018年03月01日

春の始まり

 IMG_9413 (002).jpg

春の嵐が吹きました。
飛ばされそうになりながら咲く蝋梅を見たときに
私は春がやってきたような気がしました。
梅の花がほころぶのを見たとき、
足下に小さな芽吹きを見つけたとき、
陽射しに、風に、
あ、春だな、と思った瞬間が、
その人にとっての春の始まりだと思うのです。
そんなのって春だけだと思うのです。
だから春が好きなのです。

3月3日(土)ディナーは貸切です。
勝手ながら、予めご了承ください。

posted by embrace at 15:24| Comment(0) | 日記

2018年02月26日

おもてなしサラダ

2月のお料理教室は、
簡単にできるおもてなしサラダ、というリクエスト。

 IMG_9250 (002).jpg

由良の赤海老、キヌア、ハーブを使って。
お好みに合わせたドレッシングを作って。

「スーパーフード」とか「女子会」とか「インスタ映え」とか。
今をときめくワードを盛れる一皿になりました。

あとは、おいしいワインとパンがあれば、
おもてなしは大成功すること間違いなし。

posted by embrace at 13:37| Comment(0) | 日記

2018年02月24日

ラケ

 IMG_9200 (002).jpg

「スペイン産乳飲み子豚のラケ」
ラケとはフランス料理で照り焼きのようなもの。
スパイスやプルーンを合わせたコクソースに絡めます。
フランスで、世界で愛される「照り焼き」に
日本の春、山菜のポワロー和えを添えて。

posted by embrace at 23:40| Comment(0) | 日記

2018年02月20日

春の前菜

季節は雨水。
冷たい雪が雨に代わり、ほんのり温かな潤いを
大地にあたえてくれる季節です。
寒さの中にも、
一瞬のゆるみを感じ、春を思い、
なぜだかうれしい気持ちになるのもこの季節ならではです。

春を待ちわびる前菜。

 FullSizeRender (004).jpg

コンフィにした蛤に、エシャロット、キヌア、ハーブ、
そしてコンフィのジュレとフレンチキャビア。
山独活のソースを添えて。

posted by embrace at 16:14| Comment(0) | 日記

2018年02月15日

エンターテイナーたち

北京一と北京二。
かつてコンビを組んだ二人が、
それぞれの世界を追究するために日本を飛び出し、
そしてまた二人揃って舞台へ上がる。
世界を股にかけるエンターテイナーたちが繰り広げる世界。

音楽あり。
パントマイムあり。

 kitakyoichi.jpg

漫才あり。

 kitakyoichi2.jpg

音で楽しませる時間と音無きで魅せる時間。
表現は芸術だと思う。

寒い中お越しくださり、一緒に楽しんでくださった皆さまに
心から感謝いたします。

posted by embrace at 16:29| Comment(0) | 日記

2018年02月12日

本日ディナーは貸し切りです。

寒い寒いと思ったら、どうりで、雪になりました。

本日ディナーは、ライブイベント開催のため通常営業はお休みです。
予めご了承ください。

 kitakyoichi.jpg

尚、明日13日ランチは、ケーキ教室開催のためお休みさせて頂きます。
併せてご了承ください。

posted by embrace at 15:04| Comment(0) | 日記

2018年02月05日

立春

福豆ばらまき春の知らせを告げたなら
鬼は去り
立春がやってきます。
春の足取りをのんびり待ちながら
さてさて、バレンタインデーの準備です。

 マカロン黒白.jpg

2月のケーキレッスン。
シンプルな2色のマカロンに仕上げます。

マカロンレッスンは満席となっております。
3月のケーキレッスンにご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

posted by embrace at 16:15| Comment(0) | 日記

2018年02月03日

遠くからのお客様

 staubレクチャー.jpg

先日のこと。
上海からのお客様。
カフェ開店のためにお勉強に来られた方たちをお迎えして
食材のこと、STAUB料理のこと、
どうしたら伝わるか試行錯誤しながら
お話ししました。

 レクチャー2.jpg

言葉の壁を乗り越えて
キモチを通って
伝えられていたらうれしいです。

 レクチャー.jpg

posted by embrace at 12:42| Comment(0) | 日記

2018年01月27日

食材は春へと

 蛤パッケリ.jpg

雪降る景色を眺めながら春を食す。
お皿の上は少しずつ春へ。

愛知産ハマグリと菜花のパッケリ。

明日のランチでもお召し上がりいただけます。

posted by embrace at 14:19| Comment(0) | 日記

2018年01月23日

1月23日は雪。

世間のニュースに驚いていたら、
遅れ馳せながら芦屋の空からも雪が落ちてきました。
強い風にのってさらさらと。
静かな店内で昨年のblogを開いて見たら、
なんと、ちょうど一年前の今日も雪でした。

 vinchaud.jpg

ディナータイム、寒い中お越しくださったお客様には
ヴァンショーを一杯サービスさせていただきます。
座ってすぐに温まるもよし、帰る前に温まるもよし。
どうぞごゆっくりお過ごしください。

posted by embrace at 13:58| Comment(0) | 日記

2018年01月22日

寒い日のポタージュ

各地で雪降る寒い一日となりました。
芦屋は冷たい雨。
雨の夕方はどんよりと暗く、気持ちも塞ぎがち。
どうせなら真っ白な世界になってしまえばいいのに、
と思いながら外を眺めます。

 ポルチーニ茸ポタージュ.jpg

こんな日はまずはオナカの中から温まるものを。
平日ランチの前菜で人気の「ポルチーニ茸のポタージュ」
ポルチーニの濃厚な香りと旨みを逃してなるものか、
と丁寧に丁寧に仕上げます。

ディナーメニューには載っていませんが
こっそりリクエストしてください。

posted by embrace at 17:18| Comment(0) | 日記

2018年01月18日

百合根の魅力

 yurine.jpg

三寒四温。
ふと寒さが和らいだ昨日、今日。
しかしながら春へ向かうここからが一番寒さ厳しい時。
そんな季節においしい食材、百合根です。
おせち料理や精進料理、茶わん蒸しや和菓子に使う食材、
と思われがちで
あまり手に取らない方も多いかもしれません。
真っ白な色といい香りといい味といい、
際立った特徴がないのが特徴で
そんな楚々とした存在になぜか惹かれてしまうのです。

1月のお料理教室では「帆立と百合根のフリカッセ」を作ります。
帆立のぷりぷり食感と百合根のほくほく食感が楽しい前菜。
お料理教室にご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

posted by embrace at 16:45| Comment(0) | 日記

2018年01月13日

カキとカブ

ピーンと張った冷たい空気が気持ちよくさえ感じる週末。
こんな日のランチは冬のパスタ。

 牡蠣パッケリ.jpg

赤穂産牡蠣と聖護院蕪をクリームで軽やかにまろやかに仕上げます。
牡蠣の旨み、蕪の甘み、冬の楽しみ。

posted by embrace at 14:53| Comment(0) | 日記

2018年01月11日

タルトタタン

水たまりに薄く氷が張っているのを、この冬初めて見ました。
鈴をシャンシャンと鳴らしながら福笹を抱えた人たちも
寒そうに行き交います。

 タルトタタン.jpg

寒くなってからというもの、タルトタタンを作り続けている気がします。
林檎を剥き続けている気がします。
おかげさまで大好評いただき、作ってはなくなり、作ってはなくなり。

Embraceのタルトタタンは、お砂糖少な目、
グローブやシナモンなどのスパイスがしっかり効いた大人のタタン。
高さ6cmもあるので、お食後にはズッシリくるはずですが、
おかわりも出るほどペロリです。

今夜は更に冷え込むようです。
お食後は、最高の相性のカルヴァドスと一緒にぜひ。

posted by embrace at 15:27| Comment(0) | 日記

2018年01月02日

感謝と共に

 IMG_8449.jpg

新しい年を迎え、
さっそく足を運んでくださった多くの方と
オメデトウとお酒を酌み交わし
晴れやかな笑顔に元気をいただきました。
今日はEmbraceの大晦日。
今夜は感謝と共に眠ります。

3日(水)〜5日(金)はお休みをいただきます。
6日(土)11:30より通常営業いたします。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

posted by embrace at 13:40| Comment(0) | 日記

2018年01月01日

謹賀新年

 ぼんぼり末飾り.jpg

新年明けましておめでとうございます。
皆さまにとって、幸多き年でありますよう
お祈り申し上げます。

本年も皆さまのお越しをお待ちしております。

2018年元旦

posted by embrace at 14:57| Comment(0) | 日記

2017年12月31日

一年ありがとう。

季節は変わりゆく。
月は欠けて満ちてゆく。
人は年をとる。

一歩ずつ、ひとつずつはいいんです。
でも、時代はひとつずつではなく規則的でもなくなんの法則もなく
ものすごいスピードで進化する。

変わることって勇気がいる。
変わりたくないのに変わらざるを得ないことがたくさんある。
変わらないことも勇気がいる。
変わらなければならないのに変えたくない自分もいる。

それでも、
こんな時代でも、
自分たちのしかるべきペースを乱さずに、見失わずに、
捨てても捨ててもなお残るものを見据えながら、
来年も、この先も、ぶれない変化をしてゆきたいものです。
その勇気と優しさと穏やかな気持ちをもって過ごしたいものです。
しかし今年も早かったぁ、と、徒然そんなことを思う年の瀬です。

本年中は大変お世話になりました。
多くの方に支えられた一年、
感謝の気持ちでいっぱいです。
どうぞよいお年をお迎えください。
embraceは年明け2日まで営業しております。

posted by embrace at 15:26| Comment(0) | 日記

2017年12月30日

正月野菜で

Embraceの年末年始、
年越し蕎麦やおせちのご用意はないけれど
お皿の上はお正月モードです。

 牛ホホ2.jpg

岩手短角牛ホホ肉の赤ワイン煮込み。
くわいや金時人参、菜の花たち、縁起物が主役を囲み新春を待ちます。

posted by embrace at 15:43| Comment(0) | 日記

2017年12月29日

来福

昨日今日がお仕事納めだった方も多いようで
店内に響く笑い声がいつにも増して楽し気だったのは
気のせいではなかったはず。
それもそのはず。
がんばって走り抜けた今年も残すところあと二日です。

 IMG_8388 (002).jpg

茨城県の来福酒造から楽しみにしていたお酒が届きました。
その名も、福多き年になりますようにと願いを込めた「来福」。
元旦の朝には、31日大晦日にしぼったばかりのピチピチの「来福」も届きます。
Embrace恒例のお屠蘇です。
新年は初詣帰りにちょっと一杯ひっかけていきませんか。

Embraceは、1月2日まで休まず営業しております。

posted by embrace at 23:36| Comment(0) | 日記

2017年12月28日

生ウニとうるい

韻極まって陽生じ、
寒さは厳しさを増すものの
夕刻の空を見ると、ほんの少し陽が長くなってきたように思います。
今年もあとわずか。

 ウニパスタ.jpg

市場では、お正月の食材の他にもう早春野菜も並びます。
うるいもそのひとつ。
えぐみやクセのない山菜。
葱のようなわずかなぬめりが美味しい。
生ウニとうるいを軽いアメリケーヌソースで。
ディナーのパスタに。

posted by embrace at 14:35| Comment(0) | 日記

2017年12月25日

Merry Christmas!

   Merry Christmas!!

 スワッグ.jpg

Embraceでクリスマスを過ごしてくださった方々から
たくさんシアワセのお裾分けをいただきました。

明日26日(火)のランチは今年最後のランチ営業となります。
27日(水)は定休日。
28日(木)以降、年明け1月2日(月)までディナーのみ、休まず営業しております。
お会いできるのを楽しみにお待ちしています。

posted by embrace at 22:29| Comment(0) | 日記

2017年12月24日

ハッピークリスマスイブ

 IMG_8350.jpg

賑やかだったイブの夜が終わります。
でもクリスマス本番はまだこれから。
おいしいワインと、その乾杯に必要なおいしいモノ。
明日もたくさん揃えてお待ちしています。

明日25日(月)のランチは貸切です。
ディナーは18時よりオープンさせて頂きます。

誠に勝手ながらご了承くださいませ。

posted by embrace at 23:55| Comment(0) | 日記

2017年12月23日

キクイモ

 IMG_8333.jpg

生姜に見えますか。
寒い冬に旬を迎える菊芋です。
シャキシャキした食感と、ゴボウほどにはクセのないほんのりとした土の香り。
食物繊維の宝庫だとか。

キッシュに入れたり、メイン料理の付け合せにしたり。
見た目は少し地味だけど、滋味深い名脇役野菜です。

28日(木)10名様のキャンセルあり、
既にこの日のご予約をお断りさせて頂いた方々には心からお詫び申し上げます。
現在、テーブル席のご用意できますので、ご予約お待ちしております。

posted by embrace at 22:27| Comment(0) | 日記

2017年12月19日

カジキマグロの炙り

季節は大雪を迎え、今年も残すところ2週間。
すでに連夜の忘年会でお疲れ気味なら、まずこの前菜から。

 IMG_8269.jpg

上品な脂がのった気仙沼のカジキマグロを、
隠し味を投入した塩で軽くマリネして。
そして表面をさっと炙って、たっぷりのクレソンとシンプルに。

仕上げは、乾燥熟成して圧縮したキャビア、
言うなれば”キャビアのからすみ”を惜しみなく散らします。
白ワインと合わせ、ふぅっと一息ついたら、
あと2週間、乗り越えられる気がしてきます。

posted by embrace at 16:19| Comment(0) | 日記

2017年12月16日

リースリング煮込み

12月も半ばに入り、街はクリスマスモード。
この季節、お花屋さんにはシクラメンがたくさん並びます。
ある国では豚がその球根を食べることから
「ブタのパン」「ブタのマンジュウ」とも呼ばれるのだとか。
おおよそ、その姿に似合わないネーミング。

 リースリング煮込み.jpg

こちらのブタ、白金豚はリースリング煮込みです。
沁み込む甘みと酸味、そして香りがリースリングならでは。
リースリングで煮込むことの醍醐味。
寒さが増して甘くなったお野菜、蕪、菜の花、芽キャベツを添えて。

posted by embrace at 15:39| Comment(0) | 日記

2017年12月14日

いつもと少し違うこと

長方形のテリーヌ型を使って作ることが多いパテだけど
丸いSTAUB鍋で作りました。
なんとなく。

 パテ円.jpg

カットするとまるでケーキのよう。

形が変わると気分も変わる。
見せ方が変わると印象が変わる。
いつもと少し違うだけで新しいものが見えたりもする。

猪と栗のパテ。
丹波の里山の豊かな実りを食べて育った猪は別格です。

さて、今日はいつもと違う道を歩いて帰ってみよう。

posted by embrace at 16:27| Comment(0) | 日記

2017年12月12日

行間を教わる

先生をお招きして、にぎやかになごやかにケーキ教室でした。

 IMG_8216 (002).jpg

11月と12月は基本のロールケーキレッスン。
レシピ本には書かれていない行間を知ることができるのが
その道のプロに教えてもらうことの醍醐味です。

次回はマカロンレッスン。
バレンタインにマカロンを送りませんか。

posted by embrace at 16:03| Comment(0) | 日記

2017年12月07日

リースリング煮込み

 白金豚2.jpg

極寒の岩手より大きな白金豚が届きました。
まずは、寒い夜のお楽しみ、白ワイン煮込みから。

 IMG_8166.jpg

締まった酸味とほどよい甘み、厚みのあるドイツのリースリングを
惜しみなくたっぷりと注ぎ、時間をかけてゆっくりと煮込みます。
そしてそこに生まれるは、白金豚ならではの脂身の旨味との絶妙なマリアージュ。
厳しい冬を迎えた東北岩手と北限のワイン産地ドイツとのマリアージュ。

posted by embrace at 23:59| Comment(0) | 日記

2017年12月04日

冬への準備

 colle.jpg

冷たい風が、ケヤキの葉を落とします。
葉を落とす木々の音、
「冬へようこそ」と口々に言われているように聞こえます。
さて、12月。
クリスマスの準備も少し。
今年もモミやヒバの香りに癒されながら、
店内を飾るスワッグが出来上がりました。

どうぞ暖かくしてお出かけください。

posted by embrace at 16:26| Comment(0) | 日記

2017年11月30日

Kungfu Girl

 IMG_8067.jpg

一瞬、手に取るのを迷うこのラベル。
松の木の下で両手を広げカンフーのポーズをとる少女。
このワインの名はずばり”カンフー・ガール”。
映画「キルビル」で栗山千明演じるカンフー少女に
インスピレーションを受けたのだとか。
しかしながら、ラベルのイメージとはうらはらに
実にエレガントで、ピュアな果実味、豊かなミネラル。
遊びゴコロ溢れるワシントン州のロックな作り手が手掛けるリースリング。
舌にも鼻にも目にも愉しい。

posted by embrace at 16:04| Comment(0) | 日記

2017年11月25日

鱈白子のカルボナーラ風

週末のランチより。
「北海道産鱈白子のカルボナーラ風」

 IMG_8006.jpg

カルボナーラと言っても卵もチーズも使っていません。
一度コンフィにした鱈の白子を裏漉したそれが
カルボナーラでいうところの卵の役。
炒めたパンチェッタとニンニクと
この濃厚でなめらかな白子で
ちょっとリッチなカルボナーラ「風」なのでした。
明日のランチもお待ちしております。
暖かくしてお出かけください。

posted by embrace at 13:54| Comment(0) | 日記

2017年11月20日

冬野菜

季節は立冬。
北の地からは雪景色の便りも届く寒さです。

 IMG_7951.jpg

大きくて赤い野菜と小さくて白い野菜。
インフルエンザを4も吹き飛ばす冬野菜。

どうぞ暖かくしてお出掛けください。

posted by embrace at 15:17| Comment(0) | 日記

2017年11月16日

ボジョレ―解禁

お花の専門家amicaさんがナンキンハゼを届けてくださいました。
このナンキンハゼ、芦屋のとある通りのナンキンハゼ。

 IMG_7930.jpg

芦屋は通りによって、イチョウやケヤキ、桜、と
街路樹が四季折々の彩りを楽しませてくれますが、
その中でも、まさにこれから、赤や黄色に葉が色づき、実がはじけ、
素敵に通りをデコレーションするはずの可愛らしいナンキンハゼが
毎年バッサバッサと伐採されるという、なんとも悲しい風物詩。
捨てられてしまうのならば、と頂きに行くと
それはそれは快く譲ってくださるのもまた風物詩?
おかげで店内はボジョレーヌーボー解禁を祝すべく
秋らしくデコレーションされました。

 IMG_7913.jpg

今年もボジョレー解禁しました。
こちらも秋の風物詩。
どうぞお楽しみください。

posted by embrace at 15:56| Comment(0) | 日記

2017年11月14日

鵡川のシシャモ

きびしい冬の気配忍び寄る北海道は鵡川から”生ししゃも”が届きました。
北海道の太平洋岸でこの時期にのみ獲れる幻とも言われるししゃも。
もはやこの美味しさは他のししゃもとは一線を画すブランド品。

 IMG_7885.jpg

丁寧にやさしくコンフィにして
シンプルにお楽しみいただきます。
既知のししゃもの感覚でお口に入れたなら
驚きを隠せないフワッと食感です。

なんていうか、小さな感動と小さな幸せ。

posted by embrace at 13:26| Comment(0) | 日記